花子とアン 144話の感想とあらすじ 純平は戦死する?!

Sponsored Link

9月13日放送の花子とアン 144話の感想とあらすじ

 

純平が徴兵から休暇で戻ってきました。驚く蓮子。純平は明日のお昼にはまた出発するということで、わずかな時間でしたが、純平に美味しいものを食べさせようと蓮子は、かよのカフェに行き食料を分けてもらいました。(花子と喧嘩中の蓮子。そんななか、かよに食料をもらいに行くのはプライドが許さないことだったかもしれませんが、そんなプライドよりも純平に美味しいものを食べさせたかったということですね。なんか切ないです。)

 

そんなとき、純平は花子の家に行っていました。純平は花子に蓮子のことをよろしくお願いしますと言いにきたのでした。花子は、蓮子のためにも無事に帰ってきなさい・・・と声をかけ、甲府のぶどう酒を彼に持たせます。(純平もいい子に育っていますね。母のことが心配なんですね。)

 

蓮子はかよに分けてもらった材料で鍋を作りました。みんなで食卓を囲み、純平は花子にもらったぶどう酒を出し、大学時代の友人にもらったと嘘をつきます。食事を終えた蓮子は、純平に甲府のぶどう酒ではないか?と聞き、純平も花子のところに言ってきたことを話します。(純平がとっさに大学時代の友人からもらったと言っていましたが、優しいです。)

 

翌日、純平が旅立ちました。笑顔で見送ってほしいという純平に、蓮子は笑顔で見送ります。

(ここは涙、涙でしたね。蓮子の笑顔がとても悲しかったし、純平の表情もグッきました。)

 

花子が家で翻訳をしていると警報がなりました。窓を開けてみると飛行機がたくさんとんでいて、逃げる準備をしていると、爆弾で窓が割れて花子の書斎に火がつきました。急いで、辞書と本を持って、美里と逃げます。家の周りは火の海でした

 

純平、戦死するようですね。そして、純平の戦死は花子のせいだと蓮子は花子を責めるようです。う~ん。なんで花子のせいになるんでしょうか?今のところは良くわかりませんが、純平の戦死は間違いないようです。そのときの蓮子の気持ちを考えるとつらいですね・・・。本当の白蓮さんの息子さんも終戦直前になくなったそうです。どちらにしても、戦争で人が亡くなるのは悲しいことです。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ