テラスハウス最終回9月29日98話 予告・ネタバレあらすじ CMからの展開予想

Sponsored Link

本当に最後のテラスハウスとなってしまいました。

歴代のメンバーが揃ってのパーティーでは、それぞれのテラスハウス談義が行われ、そんな中、大樹が聖南と付き合っている事を正人に報告する。

正人はなぜ聖南と連絡を取らなかったかと言うと、もっと自分がプロサーファーとして誇りを持てるようになって、堂々と聖南に再度告白をしようと考えていたのに、奇しくも同じサーファーでしかも年下の大樹に取られてしまった事に少なからず不満を感じていた。

しかし、自分と付き合っていた時と違って、素直に自分を表現する聖南を見ながら、大樹の方がお似合いじゃないかと思い直し、自分の分まで聖南を大切にして欲しいと思いを伝える。

翌日は賢也と美智子、遼子が出て行き、聖南は哲也と最後のテラスハウスを過ごすため大樹を先に見送った。

残った聖南は「お疲れ様」と哲也とグラスを重ねる。

それぞれ違った人生があって、そのどこかでテラスハウスに出会い、そして一緒に暮らす中で、お互いに挨拶をしたり、お互いに気を遣ったり、お互いに相談したり……

絆や友情を作ろうとしなくても、自然とまるで家族になったような安心感が生まれていたこの家を、二人になって改めて振り返る。

特に最初からずっと居る哲也にとっては、この家の中で繰り広げられた色々な物語や、それぞれの想いを見ながら、卒業して行ったメンバーと再び出会えた事で、卒業したってみんな頑張っているんだから、自分も頑張らなきゃと改めて意思を固める。

また、聖南にとっても一旦は卒業したが、また戻って来て今日までの間、正人との恋愛や大樹との恋愛の他に、仕事の事、これからの事など、色々な問題に直面して来た自分を振り返る。

それぞれの個性が重なる事無く、テラスハウスという家の中でそれぞれの光を照らし続けていた。

年齢も職業も人生観も、さらには考え方も環境も目的も違う人達が、一緒に住む事で家族や部活の合宿などとは違った、自分には明らかに無かった才能や考えや振る舞いが身に付いて行った。

メンバーにとってのテラスハウス、そしてそれを観る視聴者にも違ったテラスハウスがある。

誹謗中傷する人も居るが、メンバーにもそれぞれ心があって、自分の気持ちに素直になった事で招いた誤解や恨み嫉妬など、きっと自分に置き換えてみたらそういう考えもあるって思えるはず。

私たちも含めてテラスハウスで学んだ事は大きいし、色々な感動ももらった。

これからは、卒業したメンバーや今回卒業するメンバーが、また別の分野で頑張ってくれる事が、何よりも視聴者である私たちの励みにもなる。

 

最後に「ありがとう」。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ