さよなら私 1話の感想とあらすじ 「転校生」とそっくりだと話題!

Sponsored Link

10月14日放送のさよなら私 1話の感想とあらすじ

 

友美は5歳の息子を持つ専業主婦。エリートの夫がいて、何不自由なく暮らしていますが、夫とはセックスレス。息子の健人は寝るときに友美の髪の毛を握って寝る癖があり、それをとても愛おしく思っていました。(髪の毛を握って寝るなんて可愛い~。これあは、もうキュン・・・ときますね!)

 

高校時代の同窓会が開催されることになり、高校時代親友だった薫に長い間あっていなかったので、会うのを楽しみにしていた友美。同窓会では、まず、春子に声をかけられて懐かしみます。そして、薫がやってきました。高校時代の仲良しの3人があつまり、帰りも一緒に帰り、飲みにいきました。食事をしながら色々な話をしていると、薫が息子の健人が自分の髪の毛を握って眠ることを知っていました。そんな話したっけ?と聞く知美。薫はあわてて2年前に会ったときに聞いた・・・と言いました。(これって、わざと言ったわけではなさそう・・・。でも、友美の敏感に察しました。こわ~。)

 

不信に思った友美は、洋介が今日は遅くなるとメールをくれたその日に、薫のマンションの前に車で待っていました。そこへ、洋介が入っていきます。(友美、車に健人まで連れて行っていましたが、見ないほうが良かったかも。)

 

翌日、友美は神社に薫を呼び出して、彼女に洋介だけはやめてと言います。薫は否定せずに、自分とは会うたびに体を求めてくると言い、友美を傷つけます。深く傷ついた友美は彼女に掴みかかってしまい、二人で神社の階段から落ちてしまいます。(薫も否定しないんですね。)

 

目が覚めた二人は、中身が入れ替わっていました。それぞれ入れ替わったまま、それぞれの場所に戻る二人。薫は友美の姿で、健人を迎えに行き、洋介との家に行きます。薫の姿の友美は、マンションへ行き、そこへ洋介がやってきて激しく体を求めてきました。その一方、友美の姿の薫は健人を寝かしつけ、健人は友美の髪を握っています。

 

「転校生」懐かしいですね。思わず、この入れ替わりのシーンが転校生にそっくりだと思ってしまいました。転校生を知らない若い人は違和感なく見れたかもしれませんが、転校生を知っているとかなり同じなので被ってしまいます。まあ、違うといえば、同姓同士。転校生は異性でした。今回は同性同士ということ、夫の浮気相手ということでストーリーが面白くなっていますので、このあたりはとても期待したいですね。

 

キャスト・登場人物

永作博美・・・星野友美

石田ゆり子・・・早川薫

谷村美月・・・遠山冬子

りりぃ・・・吉澤弘子

尾美としのり・・・三上光雄

藤木直人・・・星野洋介

三上春子・・・佐藤仁美

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ