アンダーザドーム 4話の感想とあらすじ

Sponsored Link

1月27日放送のアンダーザドーム、第4話の感想です。

 

新聞記者ジュリアがバービーの荷物から見つけた地図の場所へ彼女が行きました。そこには、ラジオ局で働くフィルのトレーラーハウス、そして、夫の車がありました。夫はお金に困ってフィルに車を売ったとのことでした。

突然フィルが倒れ、ジュリアが病院に連れて行くと、そこは病人だらけでした。

(前回この地図の場所にジュリアの夫の死体を埋めた場所があるのでは?と思ったんですが、全然違いましたね。私の予想ってまったく当たりません。そうですよね。死体を埋めた場所を地図に残す・・・なんてありえませんよね!ジュリアの夫、意外ですね。彼は医者だったので、お金の困るなんてありえませんから。何か事情があったんでしょうね。)

 

前回倒れたノリーとジョーを連れて病院行ったアリスとキャロリンは沢山の病人を目にします。アリスは精神科医で、病院で手伝うことに。流行性髄膜炎ということが分かりました。予防接種をしてない人がどんどん倒れます。

(アリスはドクターだったんですね。ドクターで同性愛者。アメリカらしいですね。)

 

抗生物質が足りない状況に、ジェイムズとバービーが薬局に。薬局は略奪されたあとでした。牧師の家に行くと牧師が神の意志だといって抗生物質を燃やそうとしているところを二人が制し、抗生物質を病院へ届けます。

(抗生物質がだんだんとなくなる状況になってきましたね。略奪・・・外国はこれが結構当たり前のようにありますね。怖い。こうなってくると、お金より物ですよね。)

 

病院ではパニックになる患者たちをジュニアがうまく落ち着かせていました。それを見たリンダがジェイムズにジュニアの活躍を知らせます。

ジュリアはフィルから聞き出した小屋に向かいます。そこには、夫が借金まみれだった書類があり呆然としていると、病気に感染したジュリアが倒れます。そこへバービーがきて彼女を病院へ。目覚めた彼女に、夫は借金まみれだったこと、自分は借金を取り立てにきたこと、今の消息は知らないとバービーは話します。

(さすがに自分がジュリアの夫の死体を埋めたことは黙ってましたね。どのような経緯で埋めることになったのか、気になります。バービーとフィルの関係もなんか怪しいです。)

 

ジョーとノリーは病室で前回二人が倒れた時に、手を握ったら倒れたから、やってみることにします。その様子を携帯で撮影することにしました。

二人が手を合わせた瞬間、二人がてんかん発作をおこし倒れました。目覚めた二人は携帯の映像をみてビックリします。二人がピンクの星と言いながら発作をおこしている様子がうつっていました。

閉じ込められたアンジーは、暴れているうちに水道管を傷つけてしまい、凄い勢いで水が迫ってきます。助けを求めるアンジー。自宅に帰ってキッチンにいたジェイムズは水道から、アンジーの声が聞こえて、地下シェルターに。

そこには、水浸しで、監禁されているアンジーが。

(ちょうど、ドアを開けてジェイムズがアンジーを見つけたときに終わりました。ジェイムズの息子のジュニアが病院での活躍で、リンダから警察の仕事を手伝うようにバッチを貰いました。なんとなく、ジェイムズは自慢の息子がしたことがばれるのを恐れて、そのままアンジーを助けずに、監禁したままにしそう・・・なんですが、どうでしょう?次回のお楽しみです。)

 

今回は食料が少しずつなくなっている様子もありましたし、人々がパニックになる場面も。今までは、みんなが結束していましたが、今後どのように変化していくのか楽しみです。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ