マッサン 18話の感想とあらすじ シャーロット・ケイト・フォックスの歌が上手いと話題!!

Sponsored Link

10月18日放送のマッサン18話の感想とあらすじ

 

玄関で鴨居とハグするエリーを目撃したマッサンと、エリーは大喧嘩します。鴨居商店になぜ言ったのかを尋ねるマッサン。エリーは、一日ずっと一人で寂しい、マッサンは朝から晩まで仕事、仕事、仕事、仕事から帰ったら疲れていて、話も出来ない・・・と不満をぶつけます。

(あ~まさによくあるパターンです。新婚だからしかたないですね。)

 

そして、自分と仕事、そして、自分とウイスキーどっちが大事なのかをマッサンに尋ねます。その問いに答えられないマッサン。エリーは、マッサン王様、私女中・・・と言ってしまいます。

マッサンは、仕事は仕事、プライベートはプライベート、それが分からないと夫婦生活が成り立たないと言い、口論になります。エリーは、自分のパパはファミリーが一番大事だった、と言い、マッサンはだったらスコットランドに帰ってスコットランド人と結婚すればいい・・・と言ってしまいます。(キャサリンが男性は王様、女性は女中・・・って言ったからエリーもこの言葉が残ってしまいました。そして、マッサンの言ってはいけないことを言ってしまいました。)

 

そこへ、マッサンとエリーのけんかがうるさいと近所の男性が乗り込んできました。その男性にマッサンも掴みかかってしまい、近所の人たちを巻き込む大喧嘩になってしまいます。

なんとか男性とマッサンをとめ、そこへキャサリンがやってきて、エリーはキャサリンの前で泣いてしまい、キャサリンは男性が威張るこの国でやっていくのは大変かもしれない・・・とよく考えて自分で決めや・・・と言います。(こんなけんか一回くらいで分かれてたら夫婦ってやっていかれないですよね~。)

 

大作と夫婦について話をするマッサン。大作も違う国の男女が夫婦として長くやっていくのは大変かもしれない・・・と話していました。それを聞いていた優子が、今エリーが頼れるのは政春しかいない、政春もスコットランドで寂しいとおもったことあるでしょ。と言い、マッサンは直ぐに飛び出して家に戻ります。(なんだか優子が優しくなってきましたね!)

 

家にはエリーはいませんでした。必死に探すマッサン。エリーは教会にいました。エリーは

オルガンを弾きながらHome!Sweet Home!を歌っています。

マッサンが素直に謝り、エリーもそれに応えます。

翌日、エリーが炊いたご飯を二人で食べますが、芯が残っていて二人で笑いながら食事をしました。(やっぱり、二人は仲良しが一番です。)

 

エリーの歌が上手かったですね。演技はもちろん上手くて、最近ではかなり安心して見れるんですが、今日披露したアカペラの本格的な歌、とっても上手で鳥肌がたってしまった私。

やっぱり、すごい難関を突破して決まった主役のエリーですから、演技も歌も最高ですね!!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ