マッサン 23話の感想とあらすじ 優子のお見合い相手は山村憲之介だった!

Sponsored Link

10月24日放送のマッサン23話の感想とあらすじ

 

藤岡とお見合いする優子。その様子をドキドキしながら見守ります。お見合いの席で、結婚するまでに一度外で働いてみたかったと本音を話しますが、そのまま結婚することが決まりました。エリーは、お見合いが終わったあと優子のもとへ行きます。優子はもう大丈夫、エリーさん、ありがとうと言い、自分は自分の仕事をすると決意を言います。(そうですよね。実家の会社の存続がかかっているなら結婚しかないでしょう。確かにそれが優子にとっての大きな仕事なのかもしれませんね。)

 

新しいイメージを作る太陽ワインのポスター撮影がありマッサンもその場に立ち会います。若い綺麗な女性が着物から肩を出し、それを見たマッサンは戸惑いますが、鴨居は更に肩を見せるよう指示し、モデルの女性も必要ならもっと見せてもいいといってくれます。(あ~どんなポスターになったのか、見せてくれると思ったのに今日はなかったです。残念。気になりますね。この時代にしては斬新なポスターだったようですね。)

 

ポスター撮影が終わって、マッサンは今まで鴨居の会社のことを誤解していた、社長がワンマンな会社かと思ったらそうではなかった、社員の意見も尊重され、社員が自ら頑張っているとマッサンは鴨居に話し、鴨居は会社の財産は人だ、と言い、人が成長しないと会社も成長しないと話します。そして、マッサンにうちの会社に来ないか?一緒にウイスキーを作ろう・・・と言われます。(鴨居、マッサンに給料3倍出すっていってました!私なら直ぐにOKですが、マッサンは直ぐには返事はしませんでした。)

 

マッサンは、大作にも一緒にウイスキーを作ろうといわれ、いろんな意味で支援してもらった恩があるため、マッサンは悩みます。そんなマッサンの様子を大作は気付いていました。(そうですよね。大作には大きな恩があります。スコットランド留学費用出してもらったりしているし、そもそも最初は大作と一緒に日本で初めてのウイスキーを作ろうと男の約束したんですからね!)

 

優子のお見合い相手は山村さんでしたね!彼は、まさに国際派俳優なんですよね。オーストラリアの大学の演劇科を卒業し、ウルヴァリンの撮影があることを知って関係者に1年に100通以上の手紙を送り、役をゲットしたという根性の持ち主!素敵ですね~。是非、英語も披露してもらいたいですね!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ