さよなら私 3話の感想とあらすじ 石田ゆり子の髪型ショートが断然可愛い!

Sponsored Link

10月28日放送のさよなら私 3話の感想とあらすじ

 

薫の体の友美は、洋介が帰ろうとするのをそんなに急いで帰らないで、と止めてしまいます。洋介は、服を着ながら近くのカフェへ行こうと薫を誘い、二人でカフェへ。今まではそんなことを言ったことないのにどうしたのか、と尋ねる洋介。さらに、今までは体だけの関係にしようと言ったのは薫だったこと、そして、家庭に興味ないといったのも薫だったとこを言われ、驚く薫。(薫はお互い縛られない大人の関係を望んでいたようですね。)

 

春子は夫が帰ってこないので浮気をしていると思い、家庭の大切さをアピールするためにホームパーティを友美の家で開きたいと薫に電話をします。薫は健人に会えると思い行くと答えます。それを知った友美は薫に怒りますが、結局はパーティを開くことになりました。(健人に会うためには、こういう機会でないと合えないですもんね。息子に会えないのが一番つらいですよね。)

 

パーティ当日、薫は健人の好きなものをたくさん作って持っていきました。はじめましてと挨拶する薫と洋介。ぎこちない挨拶をして、なんとか切り抜けました。薫は健人が嫌いだったアスパラを食べている姿に驚き、友美が食べるコツを教えて食べれるようになったと聞き、嫌な気分になってしまい、薫は健人にハグしよう!と急に言い出し、健人も驚いてしまいます。場の空気を察した薫は帰るといい、家から飛び出してしまいました。(なんか、薫可愛そう。息子の母親の役目を取られてしまうように思えたんでしょうね。そして、洋介とははじめまして、と挨拶だし。子供にハグしようとしたら、子供がおびえるし。なんか、かわいそう。)

 

追いかける友美。追いついた友美と薫は押し問答になり、薫は健人は私が産んだ子なのに、私の子供もで取ろうとしている、そして、自分はこんなに寂しいのに友美は今の生活に満足している、このまま元に戻らなくてもいいんでしょう、と言ってしまいます。友美は確かに今の生活がいいと思っている、そして、健人に対しても愛情がわいてきたけど、それは全部自分のものではないと分かっているし、いつかなくなると分かっていると反論します。二人は大嫌いと言い別れてしまします。(友美は今の生活が気に入ってしまったんですね。元に戻ったときが、寂しさが倍増しそうです。)

 

それぞれが、自宅に戻ってお互い見られたくないというプライベートなものが入っている箱を二人ともあけてしまいました。そこには、二人とも高校時代に山登りして、そのときに友美が死のうとしたのを薫が止めて二人で泣き合ったときのハンカチでした。

(結局はお互い、繋がっているということでしょうか。)

 

石田ゆり子さん、アラフォーですが、とても綺麗ですね。しかも、ショートが似合ってるし、まさに大人可愛いです。大人の女性のショートって憧れます。ネットでも石田さんの髪型は大好評です。昔のロングの写真も見ましたが、彼女はやっぱりショートですね!!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ