さよなら私 4話の感想とあらすじ 谷村美月の雰囲気が違いすぎると話題。

Sponsored Link

11月4日放送のさよなら私 4話の感想とあらすじ

 

友美と薫、お互い大事なものが同じだったことを知った二人は、やっぱりお互い大事に思っていることを改めて実感します。薫は友美に電話してけんか別れしてしまったことを謝ります。

(本当はお互いをとても思いやっているのに、素直に出せないのかな。素直になったらお互いもっと楽になるかもしれません。)

 

友美は以前受けた乳がん検査の結果を聞くために医師にあいます。医師はレントゲン、超音波の結果から乳がんであることを告げます。ショックを受ける友美。薫に仕事の相談を受けるために二人でカフェに行きましたが、話すことができません。そのまま、幼稚園に向かえに行き、健人の姿を見てないてしまいます。(なんか、複雑な展開になってきましたよね。最初は「転校生」のパクリかなと思ったけど、同じ入れ違いでも転校生とは違った大人の内容のもっと複雑な展開になっていますよね。)

 

友美はかつて自分が薫だったときに、洋介になんで友美とはセックスをしないのか聞いたことがありました。洋介は、友美にはセックスは似合わない、自分のそんな恥ずかしい部分を家庭に持ち込みたくないと話し、そのときに自分が友美に対して優越感に浸ったことを思い出し、天罰なのかもと考えます。

(洋介の考え方、なんとなく分かるような、分からないような・・・。まあ、とにかく愛していることには間違いないようです。)

 

友美と薫は二人が入れ替わった神社にきていました。元に戻るために階段から落ちようという薫に友美はここままがいいと言います。そして、薫になってはじめて知った友美が健人を妊娠したときに薫も子供を授かって流産したことを話し、とても自分が無神経だったことを謝ります。元に戻ろう、と言う薫に友美は乳がんになったことを打ち明け、この体と自分は死んでしまうかもしれないと話します。

(なるほど。薫は仕事一番、結婚はしない、束縛しないというスタイルでしたが、子供を流産していたんですね。そんなときに、何も知らない友美は健人の写真とかを送ったりしていて、二人の仲が微妙なものになったのかもしれません。友美はついに乳がんを打ち明けましたね。なんか、複雑。)

 

春子の夫の不倫相手役の谷村さん、雰囲気がいつもと全然違いますよね。この役は足が悪い、とても地味な役です。最初谷村さんだと分からないくらいの地味さです。さすが、女優さん!どんな役でもこなせます。脇役であまり出番はありませんが、存在感は大ですね!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ