アメリカンアイドル(シーズン13) 2回目放送の感想

Sponsored Link

1月26日放送のアメリカンアイドル シーズン13 2話の感想です。

今回はオースティン予選とサンフランシスコ予選でした。

今回、ピカイチ印象に残ったのは、オバマ大統領そっくりさんのT.Kハッシュ。入ってきた瞬間に、審査員のハリーに大統領に似てる・・・と言われ、即興でオバマさんの物まねを披露。それが、そっくり!!!なんです!!もう可笑しくて笑ってしまいました。・・・だいたい、こんな人は歌はイマイチ・・・ってパターンが多いですが、彼は違いました!すばらしい!!

審査員も絶賛でした。

次は、トリスティン15歳。母と一緒にやってきましたが、なんとこの母。シーズン1で3位だったんだそうです。残念。シーズン1は見てなかった・・・・。

ということで、審査員の期待が高まります。私はとっても上手いと思ったのですが、ハリーが「正直、母親がシーズン1で3位出なければ、目にもとまらない。」ときつい一言。

でも、キースとジェニファーのYESをもらって、無事ハリウッド行きです!

そして、エマニュエル。個性豊かなアメリカらしい登場?歌いながら最初、はいつくばって登場です。だいたい、こんな変なことをする人は歌はダメなんですが、彼も違った!とっても上手!ジェニファーも最初は引いていたけど、彼の歌にYES!でしたね。

それから、シーズン12に出ていたブリアナが再挑戦です。覚えてます。覚えてます。今回出てきた瞬間、分かりました!すごく可愛い17歳です。前シーズンでは結構好きだったので、今回は頑張って欲しいですね。前シーズン優勝のキャンディスは、3度目の挑戦でした。彼女も頑張って!

そして、今回一番の個性的な出場者は、アダム。見た瞬間、一瞬麻原彰晃かと思いました。待ち時間も座禅くんで、かなりの変わり者です。服装もまさに・・・という感じです。

そして、職業がサウンドセラピストだそうです。いろんな職業があるもんです。が、しかし、そんな彼が「Hallelujah」を歌いました。しかも、上手い!

びっくりしました。

今シーズンは、ジェニファーがYES、ハリーがNOというパターンが多くて、結局キースの

判定で決まるというパターンが本当に多いです。ハリーは手厳しいですね!

そして、困ったキースはチャンスをあげる・・・という感じでだいたいYESになっている雰囲気でした。ハリーとジェニファーのバトルも面白かったです。ハリーが二人は甘すぎる!ちょっとこぶしがまわったらすぐにYESにする!とジェニファーに言ってました。

次回もバトル・・・楽しみですね。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ