ディアシスター 5話の感想とあらすじ 岩田剛典スケボーが上手いのは本当?

Sponsored Link

11月13日放送のディアシスター5話の感想とあらすじ

 

美咲の母子手帳を拾った宗一郎は葉月に用事ができたといい、あわてて帰ります。そして、永人のところへ行くと、そこへ美咲がいて、母子手帳のことを言い、自分の子供なのか?と聞きます。突然永人が帰ってきて、美咲はキスをして、こういうことだから!と言い、宗一郎を追い返します。

(なんか、こういうところの美咲って好きではないです。ちょっと女性は引きます。)

 

葉月を美咲は陽平のカフェへ食事に行きました。そこに、すでに酔っ払った宗一郎がいて、酔っているため、二人は帰るように促しますが、宗一郎は二人の側で飲み始めました。美咲の宗一郎のやりとりを見た葉月は、宗一郎がすきなのは美咲なのかも、と感づいてしまいます。

(宗一郎がこんなに酔っ払うなんて、ちょっとショック!)

 

スケボーの大会で失敗してしまった永人を家に戻った美咲。彼が美咲にキスをしてきて、驚いてしまいます。永人は、本当は自分はゲイではない、ゲイなら友達としてずっと側にいれると思ったと、正直に話しました。美咲は、自分も気付いてあげられなくてごめん・・と謝ります。

(永人・・・かわいそう。健気。)

 

宗一郎と話をする美咲。美咲は、今更なんで自分のことが気になるのか、過去の事件があったあと何度も連絡したのに、ずっと無視していたのに、都合がよすぎるというと宗一郎は卒業式の日にメールをした、内容は必ず迎えにいくから待って欲しいという内容だったと言います。

美咲は葉月に問い詰めると、葉月は卒業式の日に、そのメールを消したと白状しました。その件で大喧嘩してしまう二人。(いつもは良い子の葉月もやってしまいましたね!でも、こんな妹ならしてしまう気持ちも分かります。)

 

翌日美咲は永人のところへ行き、改めて親友になって欲しいといい、彼も何でも協力すると言います。美咲は、自分が妊娠していること、父親は宗一郎、でも、彼にはいうつもりはないこと、を話します。そして、もう一つ話さなければならないことがあると言いました。

(あ、やっぱり、病気か。)

 

岩田さん、スケボー上手いですね~。これって本当に上手いんでしょうか?と素朴な疑問ですが、大会のシーンはちょっと別人がやっているような感じがしましたよね!アップでは写らなかったし、かなり遠くのカットでした。まあ、あれだけのレベルのスケボーは素人ではちょっと無理ですよね!しかし、岩田さんの最後の石原さんとの親友を確認するシーン、優しい感じがして、とても友達でもいいから側にいたいんだな~と伝わりました。私もこんな親友が欲しい!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ