マッサン 44話の感想とあらすじ 泉ピン子のいじめ再び!

Sponsored Link

11月18日放送のマッサン 44話の感想とあらすじ

 

父親がぎっくり腰になったことで、実家を手伝うことになったマッサン。エリーは女中の仕事をすることになりました。実家の仕事を手伝うマッサンに、俊夫は良く思っていないため、マッサンに冷たくあたりました。そして、西洋かぶれして、何しに戻ってきたのか、早く大阪に戻れ、とマッサンに言います。(西洋かぶれ、って今でも留学帰りの人などに感じることがありますか、これってやっぱり嫉妬からくるんでしょうか。)

 

マッサンはエリーにもう少し、実家にいてもいいかと聞きます。自分は皿洗いより、やっぱり、酵母とかの匂いがする仕事が好きだから、でもエリーが帰りたいならすぐに大阪に戻ってもいいと話します。エリーも女中の仕事を頑張るから大丈夫と答えます。(マッサン、そうです。皿洗いしている場合ではない!頑張れ。でも、エリーが帰りたいなら大阪にすぐ戻る・・・なんて、本当に優しい。)

 

朝寝ていたら、早苗が女中は早起きしないといけないと起こしにきました。すぐに台所にたつエリー。けれど、早苗はエリーは亀山の味とは違うから台所には立たなくてもいいと言います。

(本当にエリーの味噌汁は薄いのか、早苗がいいがかりをつけているのか不明ですね。)

 

和室の掃除をするエリー。畳のめに沿って履きなさいという早苗に、めが分からず、早苗がイライラしてしまいます。早苗に代わって千加子がエリーに掃除を教えます。(今の若者でも畳のめに沿って履くなんて知っている人が少ないのでは?そして、敷居や、畳の淵が踏んだらいけないと言っていましたが、私も知らなかった~!)

 

千加子は、エリーにマッサンと勢いで一緒になったんだから、無理しないで早めに国に帰ったほうがいい、と言いますが、エリーはマッサンは必ずウイスキーを作る、それを自分は信じている、そして、自分も必ず日本の嫁になると力強く言いました。(千加子は優しさから言っているのかな?)

 

やぱり、ピン子さんのいじめがあると面白いですね~。さすがの早苗も畳のめを説明するのに苦労していましたよね!肩やイライラして、エリーはマイペースで畳を覗き込んでいる姿が可愛かった!確かに日本語って難しいですね!改めて気付かされます。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ