きょうは会社休みます 6話の感想とあらすじ 福士蒼汰の英語が凄い!田之倉ファン急増!

Sponsored Link

11月21日放送の今日は会社休みます。 6話の感想とあらすじ

 

朝尾が車の鍵をなくしてしまい帰れなくなった二人。もう終電もない時間になってしまい花笑は母親に今日は帰れないと連絡すると母親は田之倉のところだと思ってしまいます。

朝尾がレンタカー会社に連絡すると、合鍵を持ってきてくれることになり夜中になったけど、朝尾が自宅まで送ってくれました。(なんだ、朝尾と泊まるのかな~と思ったんですが違いました。)

 

泊まって帰るものだと思った母親は、田之倉と喧嘩でもしたのかと尋ねました。花笑はもうダメかもしれないと母親に本音を言いますが、母親は本当にダメなときは相手からちゃんとサインがあるし、ここにも挨拶してくれた、そして、鍵までくれているからそんなに直ぐにはダメにはならないと話します。(母親に相談するなんて、可愛いですね。)

 

花笑は田之倉と連絡を取らないまま、いつもの居酒屋に一人で行きます。田之倉の先輩に最後の挨拶をしていると、そこへお手洗いから出てきたひろ乃と遭遇します。彼女は花笑を見るとそそくさと帰っていき、お店の大将がひろ乃もとても反省しているから許してあげてと話します。(この大将、とても優しいし、いい雰囲気だしてます。)

 

朝尾から電話があり、自分からアクションを起こすことを進められ、花笑は田之倉に渡す書類に付箋をはり、テラスに呼び出すことにしました。けれど、その付箋は田之倉の手に渡らず龍生に渡ってしまい龍生の相談に乗ってしまい、アドバイスまでしてしてしまいます。そんな自分は何もせずに待っているだけだと思い、花笑は田之倉の家に行きました。

 

田之倉は留守でしたが、部屋に入る花笑。田之倉が戻ってきて、花笑は自分の気持ちを素直に話し、これからまた改めてやり直したいと話し、田之倉もまた謝罪して花笑と別れるという選択肢はなかったと言い、一緒に暮らしたい、同棲しようと言い出します。(二人で台所で向かい合って正座して話すなんて、花笑らしい。しかも、すごいビジネス的な凄い敬語!)

 

福士さん演じる田之倉ファン急増ですね!ああ、本当にかっこいい。花笑が羨ましい!その福士さん、調べていたら英語が得意なんですね。しかも、留学経験なしで、ペラペラでかなりのハイレベル!凄い。こんな人いるんですね。やっぱり、かっこいい人は何をやっても素敵ですね!!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ