ディアシスター 6話の感想とあらすじ 美咲の病名は?入浴シーン心霊現象?と話題!

Sponsored Link

11月20日放送のディアシスター6話の感想とあらすじ

 

永人に病気を告白した美咲。病名は全身性エリテマトーデス。通称LESだと話します。妊娠、出産することにより、症状が酷くなる可能性があり、命の危険もある病気だと話しました。全てを理解した永人は、親友として美咲と母親学級にいったり、仕事を探して美咲を支えます。

(永人、いい人すぎる・・・。こんな美咲に振り回されて・・・。)

 

父親の法事をするこになった葉月たち。法事をして、そのあと温泉に家族で行くことになりました。法事のあとに、3人で食事をしていると、そこへ陽平と永人が美咲に呼ばれてやってきて、母親に紹介し、一緒に法事の食事をすることになりました。

 

その食事中、母親がありまにも美咲、美咲と美咲のことを誉めることに腹が立った葉月は、美咲ばかり小さいころからひいきしてきたと愚痴をこぼしました。美咲は本当は葉月をとても大事に思っている、母は葉月をずっと守ってきた、父親が亡くなったには、母親が買い物を頼んだせいだと思っているけど、本当は違うと言いだします。(ちょっと葉月も子供っぽいところがありますね。)

 

美咲によると本当は葉月が父親にアイスクリームを買ってきて欲しいと頼み、父親が出かけることになったから、母親がついでに買い物を頼んだ、でも、父親が事故したショックで葉月は自分がアイスを食べたいといったことを記憶を捻じ曲げてしまったと話します。父親が亡くなってずっと葉月になんで買い物に行かせたのか責められた母親ですが、ずっと葉月のために黙っていたと告白しました。葉月はたまらず、家を飛び出してしまいます。(ああ、これはショックだ。)

 

葉月を追いかけ話を聞く陽平。葉月も落ち着いて、結局5人で予定通り温泉へ。みんなが温泉へ行く中、葉月は母親と部屋で二人になり、謝り本当の意味で仲直りしました。

美咲は夜中の2時に温泉に入るとそこへ、陽平がいました。二人で星空を見上げます。

(なんか、このドラマ石原さとみさんのためのドラマのような・・・・。いかにも取ってつけたようなサービス的な温泉シーン。)

 

自宅で一人でいた美咲のところへ宗一郎がやってきました。そして、子供をDNA鑑定して欲しい、もし、自分の子供なら一緒に育てると言い出します。

 

美咲の病気がついに明らかになりましたね。日焼けの湿疹だと思っていたところが、実は病気が原因だったことになります。この病気は内臓の器官が炎症を起こす、自己免疫疾患だということで、治療法が見つかっていない難病なんだそうです。

そして、あとネットで話題になっていたのが、美咲の入浴シーンの心霊現象ですね!!これは恐い!私も見ましたが、なんか身震いしました!あきらかに美咲の手じゃない手が・・・。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ