マッサン 50話の感想とあらすじ エリーがもてなす相手とは?

Sponsored Link

11月25日放送のマッサン 50話の感想とあらすじ

 

マッサンとウイスキーを作るのは鴨居しかいないと思い、なんとか二人を組ませたいと考えるエリーですが、そこへ鴨居から使いがやってきて、エリーは鴨居商店へ呼び出されました。

(そうです。これしかありません。鴨居はお金があっても技術がない、マッサンは技術があってお金がない。)

 

呼び出されたエリーは、スコットランドからきた男性の通訳を頼まれました。鴨居はその男性にスコットランドで日本にきてウイスキーを作る技術を教えてくれる人材を探してもらっていました。彼に見つかったか、と聞くと見つからなかったといわれます。

 

エリーを通して、なんで見つからなかったのかと尋ねると、スコットランドでは自分と同じ考えの人が多かったと話し、その自分の考えとは日本で日本人がウイスキーを作るのは無理だということでした。そして、さらには日本は西洋に比べてかなり遅れているし、そんな日本人が作れるわけないと言います。(なんか、聞いていて腹が立ちますが・・・。)

 

それに対し、鴨居も腹を立てますが、それ以上にエリーが腹をたて、通訳はそっちのけで日本や日本人をばかにしないでほしい、そして、日本人は必ずウイスキーをこの日本で作ると断言し、鴨居もその勢いに圧倒されてしまいます。(エリー凄い!かっこいい!)

 

二人してスコットランドの男性を追い返しますが、彼が帰り際にスコットランドにウイスキーつくりを学びに来た日本人がいたが、その男性とウイスキーを作っていない・・・ということはやっぱり日本人には無理だということだ、と捨て台詞を図れてしまいます。(エリーもマッサンのことだと知って悔しかったでしょうね。)

 

エリーは鴨居にマッサンにもう一度チャンスをくださいとお願いしました。そして、家に帰り、マッサンにスコットランド男性のことを話し、マッサンも腹を立てますが、マッサンは鴨居のことろでは働かないと言いますが、エリーはマッサンを信じている、マッサンは必ずウイスキーを作ると断言します。(マッサン!もうこれが最後のチャンスだ!)

 

エリーがキャサリンにもてなしことを聞いていました。エリーは誰かを招待してもてなすようですが、誰かは言いませんでしたね。この流れからいくとやっぱり鴨居かな~という気がしてきますよね。エリーも夫を働かせるために大変ですね。これぞまさに内助の功ですね!!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ