マッサン 51話の感想とあらすじ 中島みゆき紅白出場2回目!

Sponsored Link

11月26日放送のマッサン 51話の感想とあらすじ

 

鴨居商店の鴨居に最高のおもしてなしをしたいとキャサリンに相談するエリー。キャサリンは、日本ではちゃんとした場を設けると教え、キャサリンの知人のお店に連れていってもらうことになりました。(やっぱり、鴨居をもてなすようですね。別にちゃんとした場を設けなくても、エリー流にもてなせばいいのに。)

 

キャサリンの紹介で料亭にいったエリーとキャサリン。その料亭で鴨居を接待することにして、最後に金額を聞き、値段を聞いてびっくりしますが、エリーは自分のへそくりから出すことにしました。早苗から女中の給料をしてもらったお金を使うつもりでした。(すごい!へそくり!)

 

鴨居もまた会社でウイスキーの予算の話をしていました、中には反対する社員もいるなか、ウイスキーは5年かかるから、今すぐにでもはじめたい、そして、鴨居商店の社運をかけてウイスキーにかける意気込みを伝えます。(鴨居も本気ですね。ウイスキーの予算は200万と言っていたけど、この時代の200万は今のどのくらいの価値があるんでしょうか。)

 

マッサンに頭を下げてお願いするようにマッサンを説得するエリー。けれど、マッサンはもし鴨居商店で働くことになってもウイスキーを作れないかもしれない、そしたら頭の下げ損だと言い出し、エリーもイライラしてしまいます。(ついに、エリーもマッサン、面倒くさいと言っていましたね。確かに。)

 

接待当日。エリーは料亭の外で鴨居を待ちます。ついに鴨居がやってきて、マッサンをお願いしますと鴨居に頭を下げ、鴨居から日本の妻になったなあ・・・と感心されます。そして、鴨居はマッサンの待つ部屋へ。ふすまの外からエリーが見守る中、マッサンが話し始めたのは天気の話でした。(もう、マッサン、イライラします。)

 

主題歌の中島みゆきさん、紅白出場なんですね!ちょっとびっくり~。中島さんは紅白っていう雰囲気ではないから、出ないのかなと勝手に思っていましたが、意外なぶんだけ楽しみですね。今回は浜崎さんが出なかったり、と意外な展開が多いのでとても楽しみですね。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ