ファーストクラス2 7話の感想とあらすじ 倉科カナのレオパード柄ブラウス衣装が可愛い!

Sponsored Link

11月26日放送のファーストクラス7話の感想とあらすじ

 

凪子は人事権を利用してちなみをクリエイティブディレクターにし、自分は自由なデザイナーとなることを発表します。そのころ、蘭子は株主総会で政治家に献金をしたと竜子に告発されてCEOから引きずりおろされ、間宮がCEOに就任します。(蘭子の発狂・・・恐い。おっぱいたぬきって言われていましたが、酷い!!)

 

CEOになった間宮がオフィスにきて、リカのチームとちなみのチームに分けてファストファッションで売り出すTシャツを制作し、販売数を競わせ負けたほうのブランドを無くすと言い出し、さっそく動き出した両ブランドチーム。けれど、ちなみのTATSUKO YANO JAPAN チームは、さくらと久志だけであきらかに戦力不足のメンバーにちなみは二人の前でリカに抗議してしまいます。(ちょっとこれは、ちなみも配慮に欠けていましたよね。)

 

その抗議に二人は腹が立ってしまいさくらも久志もやる気を無くしてしまい、ちなみ一人で夜遅くまでの残ってデザイン画書きますが、全く進みませんでした。悩んで帰っていると、帰り道にMIINAに偶然出会い、MIINAが話を聞いてくれます。明日も会う約束をして別れました。

(佐々木希久々!なんか、今は黒服物語のイメージが。)

 

翌日MIINAとカフェで会うちなみ。彼女はちなみのためにファーストクラスの読者のアンケートを手渡しこれで読者のニーズを知ることが出来るとアドバイスします。ちなみはMIINAに人の使い方が分からない、と話していると、そこへ、白雪もやってきて人は使うのではなくて、協力するのだと言い、前のちなみはそんなのではなかった・・・と諭します。(白雪登場!いいアドバイス!)

 

白雪の言葉でわれに返ったちなみは、さっそく、久志とさくらと三人で飲みに行きます。そこで、雑談をし、そして、洋服に対する愛情を話したりしているうちに打ち解けることができました。帰ってさっそく、デザインに取り掛かり、ファーストクラスとのコラボにすること、そして、イニシャルを入れることになりデザインを完成させます。(う~ん、ちょっとこのハートのデザイン微妙だけど。)

 

遂に発売日になりました。ちなみたちにTシャツが圧勝し、3人で大喜びします。

リカは間宮のオフィスで、間宮にちなみのTシャツを大量購入したのが間宮である証拠を突きつけます。

 

倉科カナさんの衣装が可愛いですね。一番まねし易い現実的な衣装かも?今日はレオパード柄のグレイのブラウスにベージュのスカートが可愛いなあ・・・と思ってみてましたが、ベージュのスカートZARAにそっくりなのがあったのでZARAかな・・・と思っているんですがどうでしょうか。そして、ブラウスが可愛いくてパールのネックレスとのマッチしてましたね!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ