アメリカンアイドル(シーズン13)3回の感想

Sponsored Link

2月1日放送のアメリカンアイドル シーズン13 3回目の感想です。

今回も個性派ぞろいでしたね。出演者もとても面白かったのですが、審査員の素顔が見れる場面がたくさんあったので、見ていて楽しかったです。

ハリーとキースが言ってました。いつも二人は時間通りに来てるけど、ジェニファーがいつも遅刻してくる~と。ジェニファークラスになると遅刻も貫禄ですよね。

そして、ジェニファーがトイレにいったときに、ハリーとキースがオーデションごっこをして遊んだのがかなり面白かったです。ハリーは出場者、キースが審査委員役。本当にこの二人、息がぴったりですね。

今回印象に残ったのは、クリスティアン22歳。とっても可愛い女性なんですが、珍しくキースがイラついたと言ってました。最初登場したときに、ハリーがなまりを指摘したんですが、最後にはなまりがなくなってたり、感情の起伏が激しいこと、そして、キースが一番イラっときたのは、人の話を聞いてないからだそうです。だから、キースはNOでした。ジェニファーがYESで、ハリーに託されましたが、ハリーがYESで、ぎりぎりハリウッドです。こんだけ、キースに嫌われるのも珍しい。

そして、私が個人的に好きだったのは、モーリス26歳。黒人男性なんですが、26歳の若さでなんと子供4人。彼のルックスもかっこいいし、とってもおしゃれでした。

歌も上手くて、審査員も絶賛でしたね。そして、審査員が子供を呼んでと言ったので、4人の子供が登場したんですが、すごい可愛い~。みんな、ちゃんと襟付きのシャツを着て、帽子かぶって、すごくおしゃれでした。子供たちのためにも、頑張って欲しいですね。

あと個性強烈だったのは、ライアン24歳。今は普通というより、やせ気味でしたが、数年前までは145キロあったそうです。ダイエット大成功ですね。今はファッションも個性的で、リーゼントしてました。歌もすばらしかったです!!

今回はデトロイト予選でした。デトロイトって経済破綻や、治安わる~いイメージが先行してますが、当たり前ですが、いい人もたくさんいるんですね。デトロイトから優勝者が出ると街に元気が出てくるかもしれませんね!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ