アメリカンアイドル(シーズン13)4回の感想

Sponsored Link

2月2日放送のアメリカンアイドル シーズン13 4回目の感想です。

今回はアトランタ予選でした。

今回印象的だったのは、マジェスティ22歳。頭にお花の飾りをつけた可愛い女の子した。ギターを弾いて、審査員も可愛いと絶賛でした。

そして、審査の待ち時間に寝ていたというツワモノのジェシー19歳。みんな緊張して寝るどころではないのに、寝る根性の持ち主!

ルックスは正直言ってちょっとオタクぽかったですけど、歌はピカイチで、キースは秒殺された!と言ってたほど。見た目では分からないですね。

私長年アメリカンアイドルを観てきましたが、犬を連れてきた人ははじめてです。

犬と一緒ののクリス23歳。なんと、歌の間はハリーが犬を抱っこしてましたね。見事合格で、ハリウッドに犬連れて行っていいか?ってキースに聞いたら、キースはOK!と答えてました。やさしい・・・。

あとは、黒人少年15歳のジョーダン。ちょっとぽっちゃりしているけど、可愛い男の子です。なんと趣味はクッキング!歌の上手さに、審査員魅了されてましたね。15歳とは思えない歌声と、彼の人柄がにじみ出るルックスで、ジェニファー、キュート!!を連発!注目ですね。

今シーズン思ったのは、予選にギター持参で来る人が本当に多いですね。ギター持参で弾いて歌う人もいるし、ギター持参でアカペラの人もいます。そしてティーンが凄く多い気がします。個人的にはもう後がないような年齢が上の人に頑張って欲しいです!!

あと余談ですが、アトランタはシーズン11の優勝者、フィリップの故郷ですね。彼の映像も少し流れて、私は彼を応援してたので、懐かしかったです。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ