今日は会社休みます最終回!10話の感想とあらすじ 大城は花笑が好きだった??

Sponsored Link

12月17日放送の今日は会社休みます。 10話の感想とあらすじ
朝尾のプロポーズに驚く花笑。浅尾に気を使わずに何でも言い合える仲だと言われ、花笑も確かに朝尾とは遠慮せずに何でもいえるし、気を使わないでいいので楽な関係だと思い始めます。分からなくなった花笑は、一華を朝尾のレストランに連れていきます。一華はおお乗り気で、朝尾のような人が花笑にプロポーズなんて、もうこれは奇跡だといい放ちます。(気を使わないのがいいのか、ドキドキがある相手がいいのか、これは永遠のテーマです。)
ますます、分からなくなった花笑。田之倉を好きだったのは、彼が自分にサプライズをくれたからかもしれらい、もともと最初は田之倉に告白されてすきなった訳だし、告白してくれたのが田之倉ではなくて、朝尾だったら朝尾のことを好きになったのかも?と考えだしました。(でも、確かに朝尾が最初にアプローチしてたら、朝尾と付き合っていたかもです。)
会社では田之倉の送別会とかねた忘年会が開かれることになりました。花笑も参加しますが、二次会は断り、一人で田之倉と思い出の場所を歩いていると田之倉からメールがきました。そのメールには、まだ花笑のことが吹っ切れてないこと、そして、花笑が喜ぶ顔を見ることしか考えてなかったこと、そして、今までありがとうと書いてありました。(これで、お互いすっきりしたのかも。)
人を好きなることは、忘れようとしても忘れられないこと、本当に好きな人は忘れようとしても忘れられない人のことだと思った花笑は、朝尾のところに行って、正式にプロポーズを断りました。
(朝尾のプロポーズ断るなんてもったいない。)
新年が明けて、花笑は総合職に転職しました。そして、瞳の結婚式当日。田之倉も来るかもしれないと思ったらいても経ってもいられない花笑。けれど、大城が田之倉は欠席で、今日アメリカに行くことを教えてくれました。結婚パーティが朝尾のレストランで開かれて、ビンゴの景品の1位がアメリカ行きの航空券だとしった花笑はがぜんやる気が出ましたが、外れてしまいます。二位の自転車が当たった大城の自転車を借りて、花笑はバスターミナルまで走りました。
ターミナルで、田之倉にあうことが出来、花笑はこのまま待っててもいいか?と言います。
(1年くらいなら、大丈夫かな。)
1年後。田之倉からメールがあり、花笑は会社を休んで田之倉を空港まで迎えに行き、二人は手をつないで帰りました。(あ~よかったハッピーエンド!
今まで全く気がつきませんでした、大城は花笑が好きだったということでしょうか?朝尾が指摘していましたが、私は単なる大城はいい人だと思っていました。大城は唯一の同期だから幸せになってもらいたい・・・と朝尾に話していましたが、やっぱり、朝尾の思ったとおり好きだったのかな~。って考えると、大城に田之倉、朝尾と花笑はモテモテですよね~!!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ