「デート~恋とがどんなものかしら~」1話のあらすじは?展開予想、ネタバレあり。2015年1月19日スタート

Sponsored Link

1話のあらすじ

東大の大学院を卒業した超エリートの依子(杏)。国家公務員として内閣の研究所で働く彼女は、国家のために働くこと、社会に貢献していることに誇りを持つ、合理主義者。生活のすべてを規則正しく行動することを生きがいとし、毎日の通勤電車の車両や、着る物、食事まで規則正しく曜日ごとに決めたいたりしていました。(この依子の規則正しすぎる生活がどんな風に、ドラマで描かれているのか、とても楽しみです。なんか、笑えそう。)

そんな彼女は、学生時代から常に人生設計をして、その通りに人生を歩んできました。けれど、最大の難関の結婚出産がまだ、という中、父親が見合いを進めてきました。結婚は契約と考える依子ですが、自分のなくなった母親が29歳のときには結婚していたこと、子供を生めば国の少子化対策に貢献できると父に説得されて、見合いをしますが、ことごとく失敗します。
(す、すごい。子供を生むことが少子化対策になると思って子供を生む人なんていないし!うける~。)

自称「高等遊民」の巧は、母親と二人暮らしで、昼過ぎに目覚め、新聞を読み、小説を読む生活はまさにニート。巧は、母親に生活を頼っていますが、芸術に好きなときに触れることの出来る自分を誇りに思っていました。
(ただのニートも、ここまで誇りを持っていればたいしたもんです。)

そんな巧を心配した友人が、結婚相談所の資料を持ってきて、薦めますが猛反発してしまいます。けれど、病気がちな母親に自分の将来の不安を感じた巧は、だんだんと心配になってきます。
(確かに。ニートするにもお金がかかるし。)

依子もまた結婚相談所に登録をしていました。そして、「出版社勤務」と経歴を偽っている巧を出会います。(巧が経歴詐称していたってことは、自分の高等遊民に誇りを持っていても、一般的には受け入れられないことは承知しているんですね。頭はよさそう。)

このドラマ、笑えそうなラブコメですね。最後にこの二人の恋愛、結婚が焦点になりそうですが、こんな変わり者の二人が気持ちの部分で結ばれるのでしょうか?楽しみ!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ