明日、ママがいない 4話の感想とあらすじ ファンタジーでちょっとがっかり。。。

Sponsored Link

2月5日 明日、ママがいない 5話の感想です

回を重ねるごとに、ほのぼの感が増す内容になっています。

今週は、ボンビが主役でした。

ボンビは初めてのお試しに行きます。とても優しい夫婦、家庭の雰囲気、申し分ないお試しでしたが、夜ご飯中にボンビは倒れてしまします。身体に異常はなく、倒れてしまった原因は不明です。

(ボンビってメガネを外すと雰囲気が違いますね!すごく可愛いですね。ブラットピットとアンジーの養子に憧れているから、現実が見れないんですね!)

 

そこで、ポストが同じ家にお試しに行って、ボンビの倒れた理由を探しますが、見つかりません。ボンビは、両親が迎えに来てくれると信じていますが、彼女の両親はすでになくなっています。水沢叶(木村文乃)とポスト、パチ、ロッカーで彼女の叔母に会いに行きます。

叔母にも子供がいて、ボンビを引き取れなかったという叔母に対し、ポストが「なんで引き取ってくれなかったのか。」と問い詰めます。

(このあたり、ポストはやっぱり、子供ですね。叔母というだけで、子供を引き取ると思う素直な発想です。なかなか現実的には難しい部分がありますよね。)

 

魔王は再び、パチとドンキをつれて弁当屋さんに行きました。そこで、弁当屋さんの女性が話していた男性に自分は彼女の夫だから、これ以上近づくなといいます。

一方、弁当屋の女性は、オツボネが同級生に無理やり万引きをさられているところを目撃し、お店で代わりにお金を払って助けます。

そして、家に呼んで、友達にならないか・・・と提案します。

(魔王、最近以前の尖った感じがなくなって、完全にいい人です。私は以前の尖った中にも、チラッと見せる優しさが好きだったんですが、残念!しかし、お弁当屋の女性との関係が未だに不明です。夫って、本当でしょうか?)

 

コガモの家に幽霊が現れました。それは、ボンビの母親です。ボンビに「天国で幸せだ」と話し、「ご飯もおなかいっぱい食べてる」と彼女を安心させます。

実は幽霊ではなくて、魔王が彼女の叔母に頼んで、プロジェクターで写したものでした。彼女に両親がなくなっていることを納得させるためでした。お試しの家で、倒れたのも生前、ご飯をたくさん食べる父親が炊飯器をテーブルに載せていたため、同じようにテーブルに載せた炊飯器を見て、昔を思い出して倒れたのでした。

その幽霊が母ではなく、叔母だということが、本当にはボンビも分かっていました。

でも、そのおかげで、両親の死を受け入れることができました。

(ここですね!ニュースで話題のファンタジー部分は。この4話。ファンタジーになってしまって、がっかり・・・とYAHOOニュースでもかなり話題になってました。このファンタジーな内容が、クレームが来たから内容を変更したのか、もともとこういう内容だったのかは不明のようです。確かに微妙ですね。どうせなら、本当の幽霊でホラー的な展開に転向してほしかった。)

 

1話の衝撃的な内容がどんどん薄れてしまっていますが、質が高いと話題の「僕がいた時間」の方に視聴率を奪われるかもしれませんね!来週こそは、少し尖った部分を復活させてください!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ