アメリカンアイドル(シーズン13)5回目感想とあらすじ

Sponsored Link

2月8日放送のアメリカンアイドルシーズン13 5回目の感想です。

今回はソルトレイクシティ予選でした!凄く沢山の合格者がでました!

まず印象的だったのは、アレックス二十歳。ちょっとルックスがオタクっぽい雰囲気で、しかもリスクが高い自作曲を披露。私は全く期待してなかったんですが、すごーく上手で、かっこよかったです。ジェニファーは、プロの曲かと思ったとコメント。審査員全員、大絶賛!まさに、アーティスト!

人は外見で判断したらいけませんね!

サマンサ25歳。彼女は個性的でした。ファッションもウエストポーチなんかして、個性的でした。彼女もまたハイリスクの自作曲を披露します。

この自作曲、私は正直個性的過ぎて良さがわからなかったんですが、語りかけるような曲?というんでしょうか。よって、彼女の歌が上手いのか、上手くないのか分からないなあーと思っていたら、やっぱり、審査員ももう一曲別の曲をとリクエスト。次の曲では、彼女の歌唱力がばっちり分かって

見事3YES!

そして、私が個人的に一番応援したいのが、ケンジー16歳。めちゃくちゃ、可愛いーー!ギターも引けて、歌も完璧!性格も良さそう。とにかく可愛い。もちろん3YES。ジェニファーもかなりのおきにいりのようでしたね。

そして、私のもう一人のお気に入りのエミリー17歳。彼女も可愛いーー!そして、歌い方が、Xファクター、シーズン3の優勝者のアレックス&シエラのシエラのような、ちょっと舌を巻いたような歌いかたです。ギターも弾けて、17歳なのに凄いです。

ペイズリー25歳。彼女は審査員が絶賛でした。15歳ときにレコード契約を果たし、デビューしてヒット。セレブな生活をしていたにもかかわらず、一年でアルコール依存性になり、芸能界から去り、リハビリ施設へ。再起をかけての挑戦です。そして、婚約者がいたにもかかわらず、彼が「出るなら別れる」と言ったのを振り切っての参加です。

アーティストのアルコール依存性や、薬物依存性って、本当にアメリカは多いですね。でも、更正しての再挑戦。こういう経歴の人って、ついつい応援したくなるんですよね。そして、歌も心に響くと言うか、深みがあります。

頑張ってほしいです。

今回は上手な参加者多数で、私が応援したい参加者もいました。こうやって、自分のお気に入りが出来ると観ていくのも力が入るし、断然面白くなりますよね!是非、本戦まで残ってほしいです。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ