ロストデイズ7話の感想とあらすじ 五月の性格悪いのが怖い。。。

Sponsored Link

2月22日放送のロストデイズ7話の感想です。

 

裕太はレンタカー会社に鍵が届かないと連絡しました。レンタカー会社はすでに発送して、午前中に受け取っているとのことでした。この中の誰かが、受け取って隠していることに気づいた二人は、五月が鍵を隠したと思い、裕太と一緒に五月の荷物を探し始め、そこに五月がやってきてもめます。二人の代わりに、梨花が五月を調べることになり、二人きりになります。

(なるほど~。こういうことだったんですね。レンタカー会社からキーが届いたらどうやって日数を稼ぐのか・・・と思ってたんですが。それにしても、亘に往復してもらったり、JAFに来てもらったり、家族に迎えに来てもらったり方法はいくらでもありますよね~。)

 

 

五月のポケットにある鍵を見つけた梨花は、裕太に知らせようとするが、五月はレンタカー会社から届いた鍵を受け取って隠しているのは梨花なのを知っていました。

結局、梨花はレンタカー会社から受け取った鍵を五月にとられ、そして、裕太やナツにもいうことが出来ませんでした。

(完全に、五月に支配されてますね。しかし、五月って意地悪の域を超えて、かなり、怖い。2chでも五月、最低などの声が多いです。しかし、本当に演技が上手いんです。いつも言ってますが、五月が一番演技光ってるし、心底性悪に見えるのですばらしいです。)

 

五月はナツと、裕太が二人でいるときに、梨花のバイトがキャバクラであることをばらします。しかし、二人はそんなことをばらす五月の人間性を疑うと五月を攻めます。

(よかった。よかった。このときばかりは、ナツの言ってることがとってもまともでした。だいたい女子から嫌われる五月のような意地悪で可愛い女の子は男子には好かれるんですが、五月の場合は男子にも不評のようですね。)

 

裕太は今までの一連の出来事や、今回亘の部屋から出てきた盗聴のCDRを美希に相談します。美希は亘の部屋に言って、直接聞きますが、亘は防犯カメラの音声で盗聴はしていないこと、茉奈のことは幼馴染で恋愛感情はないと美希に言います。その会話を影から茉奈は聞いていました。

(盗聴の件も亘にかる~く否定されてしまいました。特に焦る様子もなく、想定内って感じでしたね。亘のほうが、上手ですね。)

 

本当のことを言おうと梨花は、裕太を呼び出します。裕太は梨花が話す前に、キャバクラのバイトのことを何故黙ってたのか、他にも嘘があるのではないか・と問い詰め、梨花は結局何も話さずに去っていきました。

(裕太・・・今回ばかりは失敗ですね。梨花が話があるからと呼び出したのに、梨花が話し出すのを待たずに自分が話し出して、せっかく正直に話そうとした彼女なのに・・・。残念。)

 

このドラマ、正直最初は期待してなかったんですが、どんどん面白くなっていってます。演技も若い俳優さんばっかりなのに、みなさんそれぞれが演技が上手いし。今ではすっかりはまってます。2chでも面白いという声が増えてきましたね。

来週も楽しみですね。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ