Dr.DMAT 8話の感想とあらすじ 滝本美織が寝たきりに

Sponsored Link

2月27日放送の「Dr.DMAT」8話の感想です。

 

八雲先生、最近本当にしっかりして来ました。

今回は、爆発現場に出動したDMAT。負傷者が二人いて、二人とも搬送が必要なレベル赤。

同じ赤でも八雲が担当した負傷者のほうが、脳挫傷を起こし、優先順位が先です。

突然小曽根に電話が入り、小曽根は先に搬送するのは自分の患者だと言い切ります。困惑する八雲を尻目に、小曽根はそのまま彼を搬送させます。

 

小曽根が担当した患者は要人。八雲はホームレスでした。納得のいかない彼は、院長に抗議に行きます。小曽根に電話をして、要人を助けるように指示したのは院長でした。院長は命の優先順位はあると言い切ります。

(これはもう、大人の事情ですね~。八雲先生、本当に純粋です。この院長、いいことを言うときもあれば、今回みたいにずばっと大人の事情を言うときもあり、言ってることが二転三転・・・八雲先生も困惑気味ですよね。)

 

議員が地下施設を視察中に地震が起きて、議員と秘書が下敷きになります。出動したDMATの医師は八雲だけで、彼は搬送の優先順位を迷いますが、先に秘書を搬送します。その場にいた第一秘書の男が先に議員を搬送するように強く言いますが、彼は聞き入れず、怪我をした第二秘書を先に搬送します。第二秘書を搬送中、八雲は議員の脚を切開し、応急処置をして、無事二人とも助かりました。

(ここはどうするのかな~と思いましたが、やっぱり一般庶民を助けましたね。)

 

病院に戻ってから、第一秘書が院長にクレームを出していました。院長に呼び出されて、先に第二秘書を搬送した理由を説明しました。八雲は、議員が応急処置をすぐにせずに搬送したら、救急車の中で急変した可能性があること、よって二人とも助けるために先に秘書を搬送したことを説明しました。

(なるほど。今回は上手くまとまりましたね。個人的な感情で一般庶民を搬送したのではなくて、議員に応急処置が必要だったとは!)

 

院長も八雲をかばいクレームに来た第一秘書も納得せざるえない状況で退散したところで終わりました。

(院長、やっと味方してくれて良かった。院長や長谷川さんも最近の八雲先生の変わりようにびっくりしていましたね。)

 

2chでも話題になってますが、一体いつ滝本さんは目覚めるのか?目覚めないのか?目覚めるにしてもすでに8話。目覚めないなら、寝たきりだけの出演?!毎回目覚めそうな雰囲気はあるんですが、目覚めませんね。来週は伊勢崎先生が八雲の妹に何かしそうですね~。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ