アメリカンアイドル(シーズン13)11回目感想とあらすじ

Sponsored Link

3月1日放送のアメリカンアイドル(シーズン13)11回目の感想です。

 

今週は、2回連続放送でした。見ごたえたっぷりでしたね。

まず、女性のTOP15の候補者が、ランディや、アダムランバート、プロの振り付け師、スタイリストなどをつけて、ステージで歌を披露するためにレッスンします。そして、本番へ向けての最終リハーサルを審査員がみて、15人のうち10人しかステージで披露できません。

10人が女性のTOP10、そして男女のTOP20になるということらしいです。これは初の試みですね。ここで、一気に5人落ちます。しかも、本番に向けて練習しても観客の前で披露することが出来ないなんて、残念です。せめて、披露したあとにTOP10に絞ってくれればいいのに・・・。

 

①マジェスティ・ローズ

マジェスティはとっても可愛い、黒人女性ですね。21歳なんですが、とっても若く見えます。そして、いつもお花を頭につけています。彼女は審査員からの評価がすこぶるいいです。歌も上手いですが、彼女は人をひきつける魅力があるような気がします。

 

②クリスティン・オコナー

③ブリアナ・オークリー

④ジーナ・アイリーン

⑥マリアル・セラーズ

彼女のパフォーマンスは凄かったですね。歌の途中で靴が脱げてしまいましたが、歌の最後に靴を拾って靴をポーズ!度胸は凄い。

⑦ジェシカ・ミューズ

⑧エミリー・ピリス

⑨mkノビレッチ

レズビアンの彼女。歌自体はずば抜けていいわけではなさそうですが、感情をこめて歌うので、審査員も気に入っているようですね。

⑩マラヤ・ワトソン

彼女は明るいですね~。彼女がいるだけで場が和みます。歌もピカイチです。

 

この10人が歌うことになり、TOP10が決定です。

え~!私のイチオシ、ケンジーがいない~。彼女は私の中ではTOP5に入ると思ってたのに。

残念。ここは気持ちを切り替えて、女性の応援する候補者を変えます。

私は、マジェスティーを応援したいです。本当に人柄もよさそうで、可愛い女の子です。パフォーマンスも個性的なので、言うことなしです。

 

この選ばれた女性TOP10ですが、次回は男性が決まり、男女合わせてのTOP20になるわけです。で、今日疲労したTOP10から視聴者投票でTOP5を男女それぞれから選び、男女合わせてTOP10の決定になります。そして、視聴者投票の中から漏れた10人のから審査委員が3人ほど選び、TOP13を決定するという運びになるそうです。過酷ですね~。どんどん、落とされます。

次回は男性のTOP10が決まります。楽しみですね。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ