アメリカンアイドル(シーズン13)12回目感想とあらすじ

Sponsored Link

3月1日放送のアメリカンアイドル(シーズン13)12回目の感想です。

 

男性のTOP10が決まる日がついにやってきました。

前々回、審査員が決めきれずに視聴者等投票になった男性のベンとニーコですが、次回へ薦めるのはベンと決まりました。ニーコとはここでお別れです・・・残念。

 

①ケイレブ・ジョンソン

パワフルなロックで審査員も大絶賛でしたね。

②CJハリス

音程が少し高くなりすぎているとハリーから指摘がありましたが、私のような素人には全く分かりません。

③エマニュエル

音がどんどん外れていて、ずれまくっていると審査員から指摘が。

④サム・ウルフ

音程も完璧だと大絶賛でした。彼は、若いのに自作曲も作れるし、歌も上手いし、ルックスもよくて審査員のお気に入りです。

⑤ジョージ・ラヴィット

⑥デクスター・ロバーツ

⑦アレックス・プレストン

Volcanoを歌いました。確か、この曲シーズン11のフィリップ・フィリップスも歌ったような・・・。しかし、上手いです。しかも、個性的!

⑧マルコム・アレン

⑨ベン・ブライリー

⑩スペンサー・ロイド

彼は歌よりはルックスで女性ファンがついているようです。彼は楽器ギターや、ピアノを弾きながら歌うのが審査員の評価がいいのですが、今回はあえて楽器なしで歌だけで勝負に出ましたが、審査員の評価はイマイチでした。

 

この10人がTOP10でした。

私はやっぱり、かなりの実力のアレックスが優勝候補ではないかと思うのですが、彼はルックスがちょっと・・・。バイオリンや、ピアノ、ギターなんでも弾けるそうです。彼のような個性的な候補者はなかなか優勝は難しいんですが、ルックスに負けずに実力で勝負で応援します。

そして、若手ではサムが人気が高いですね。若いのに自作で勝負したり、音程は完璧をキースが絶賛してました。ルックスもキュート!!

これでTOP20の決定ですね。ここからは、だんだんと名前と顔が一致してきて、固定のファンもついています。自分のお気に入りが脱落すると悲しいんですよね。しかも、視聴者投票になってくると、もうどうしようもないです。いくらパフォーマンスが良くても視聴者からの人気がなければ生き残れないし、逆にパフォーマンスが悪くても人気があれば生き残れる・・・・あ~過酷です。アレックス!頑張って欲しいです。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ