アメリカンアイドル(シーズン13)14回目感想とあらすじ アレックス&シエラが客席に!

Sponsored Link

3月9日放送のアメリカンアイドル(シーズン13)14回目の感想です。

 

今回はTOP13によるパフォーマンスでした。

まず、

①カントリーのデクスター。ハリーから音程が少し外れているのは、イヤホンのせかも?と指摘されましたね。

 

②マラヤ 緊張が出てしまったこと。この選曲では彼女の歌唱力が表現できないとの指摘をジェニファーから受けました。(彼女のキャラ、明るすぎ!明るすぎてついていけない・・・。)

 

③クリスティン 音程が不安定。これもイヤホンのせいでは?とハリーから指摘がありました。(クリスティンは審査員のお気に入りです。)

 

④ベン テンポがちょっと速いと指摘がありました。けれど、この速さがジェニファーは気に入ったようです。

 

⑤cjハリス いつもの泣きの声?がなかったので、イマイチだったということでした。

 

⑥MKノビレッチ  もっと自信を持つようにアドバイスされました。

(彼女?が初めて化粧をして登場しました。やっぱり、女性です。化粧すると綺麗でした。ジェニファーも化粧が似合ってると誉めてました!)

 

⑦マジェスティ 審査員から絶賛。

(今回はイメージが違いましたね。でも、とっても上手かったです。)

 

⑧ジーナ 審査員から好評。

 

⑨アレックス 個性的だけど、内にこもりすぎている感じとキースに指摘されました。(今回は期待したほどではなかったかな?)

 

⑩ジェシカ 審査員、絶賛!

(ジェシカのピンクのヘアーと、メイクが苦手です。彼女も普通のメイクとヘアにしたら、きっと可愛くなるのに~。)

 

⑪エミリー とっても美しいパフォーマンスだったと好評。

 

⑫サム 感情表現が出来ていないと指摘されました。

 

⑬ケイレブ スタンディングオベーションで絶賛!

(今回、初めて審査員のスタンディングオベーションがあったのが、ケイレブでした。私、イマイチ、ケイレブ苦手なんです。彼はロックなんですが、なんか古臭い感じがするんですよね~。しかし、審査委員には大好評!)

 

今回、驚いたことにアレックスが歌う前に、彼の友人ということで客席がチラッと写ったのですが、なんと、なんと、Xファクター シーズン3の優勝者のアレックス&シエラがいました。初めは、あれ?と思ったのですが、普通家族、友人などは本人が歌う前に一回しか写らないのに、4回くらい映ってましたね。それでも確信できなかったので、ネットで調べると2chでも話題になってました。よかった、私の見間違いではなかった。

そして、今回はイヤホンのことを指摘される候補者が多かったですね。イヤホンをしているから、音程がとりにくいようです。ランディが調整しているといってましたね。やっぱり、客席の声でバンドの音が聞こえくいから、イヤホンがあるんですよね?候補者も歌の途中で取る人もいるし、付ける人もいます。個人の趣向なんでしょうか。

次回は一人落とされます・・・。一人を予測するのは難しいので、数人挙げてみると、今回印象が薄かったのは、デクスター、ベン、CJハリスあたりでしょうか。

誰が残るのか楽しみですね。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ