アメリカンアイドル(シーズン13)15回目感想とあらすじ 結果発表TOP12

Sponsored Link

3月9日放送のアメリカンアイドル(シーズン13)15回目の感想です。

 

今回はTOP12の決定です。

まずは、マラヤ、ジーナ、アレックス、ベンがライアンに呼ばれました。

ベン、アレックス、ジーナがセーフ!

マラヤがボトム3決定です。

(これは意外。マラヤ、とっても明るいキャラでアメリカ人に受けるのかと思っていたんですが、ボトム3だなんて。この明るすぎるキャラが真剣さに欠ける・・・と受け止められたのでしょうか。)

 

次に呼ばれたのは、MKノビレッチ、サム、マジェスティ、デクスター。

デクスター、マジェスティ、サムはセーフ!

MKはボトム3です。

(これも意外。MKは審査員もかなりのお気に入りですが、やはり視聴者投票は審査員のお気に入りとは違いますね。視聴者の好き嫌いがそのまま出ます。)

 

そして、CJ、クリスティン、エミリー、ジェシカ、ケイレブが呼ばれ、

クリスティンがボトム3に。

(え~。ちょっと意外。てっきり、Cjがボトム3だと思ったんですが。)

 

そして、マラヤ、MK、クリスティンがボトム3に。

そして、最下位はクリスティン!

彼女が最後の歌を歌いますが、結局審査員からのワイルドカードは出ず・・・。

残念。彼女は、審査員のお気に入りでしたね。でも、やっぱり視聴者投票には勝てません・・・。

 

今回も見事、予想が外れましたね。この3人がボトム3になったのは私もかなり意外でしたが、審査員たちも意外だったと驚いてました!そして、今回のゲストは、昨年優勝のキャンディスでしたね。やっぱり、候補者ばかり歌うステージで、彼女が歌うと彼女の実力が凄いのが素人の私にでも分かりました。すごい歌唱力です。でも、キャンディス、凄い付けまつげ・・・・。ちょっとびっくり。

そして、もう一組のゲストは、ジェイグ・バグというイギリスのグループでした。ほとんど無名らしいですが、キースが才能を感じ、イチオシということでゲスト主演になったそうです。

今度から、審査員イチオシの新人アーティストをゲストに招くそうです。

新鮮な企画ですね!来週はTOP12のパフォーマンスですね。とても楽しみです。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ