ロストデイズ最終回! 10話の感想とあらすじ 犯人は梨花。亘の絵は?

Sponsored Link

3月15日放送のロストデイズ10話の感想です。

 

梨花は鎮静剤を飲んで寝ています。

亘は美希に逃げようと提案しますが、美希は拒絶します。そんな中、茉奈、美希、裕太が亘の部屋で亘が犯人だと思い説得します。けれど、亘は否定し続け、茉奈が彼の絵にかかった布をとりました。その絵は、顔の無い亘自信でした。彼は、自分に自信が持てず、心の中を美希で満たしているということでした。美希の前で、裕太が亘は美希を女として愛している・・・と言ったたため、殴りあいになり、亘は東京へ戻りました。

(ここは突っ込みどころ満載でした。梨花、あんなに血が出てたのに病院は?救急車は呼んでないの?りっぱな大人でさえもオロオロしてしまうような状況で、大学生が救急車も呼ばずに鎮静剤を飲ませるなんて・・・。そして、最大に残念なのは亘の絵は亘??え????と思った方!多いと思います。このあたり、2chでもかなり残念ということで話題になってました。そりゃそうでしょう。この絵を五月が初めて見たとき、彼女はかなり驚いてましたが、普通、この絵を見て顔がないくらいでそんなに驚かないでしょう・・・・。)

 

梨花が目を覚ましました。梨花が殺したとみんなに告白します。あの日、梨花は外に出て偶然五月と会います。五月と言い合いになり、カッして突き落としたということでした。自分の心の中を五月がかき回すようなことをいい、自分でも何がなんだか分からなかった・・・と。そして、彼女の日記を見つけて読み、とても後悔していると。その五月の日記を梨花が美希に渡し、読みました。

そこには、彼女の素直な本音が書かれていました。旅行を楽しみにしてたこと。いつも、自分は真反対な意地悪なことを言ってしまうこと。本当はみんな大好きなこと。(この回想シーン、梨花と五月の言い合いの場面の五月の憎たらしい演技!これは本当にカッきます!そして、五月が残した日記の彼女の本音ですが、こんなに自分の思ってることと、言動が180度違うって・・・もうカウンセリングしたほうが良いレベルかも・・・。そして、犯人梨花?!え~。普通・・・。言葉がありません。)

 

みんなで五月の遺体がある場所に行き、お花を供え、そしてみんなで東京に帰りました。

(なんか、遺体をずっとそのままにしてたのに、なんかこの大学生たちかなり冷静です。そして、警察の連絡は東京に帰ってからするんでしょうか?全く不思議です。この間にも五月は寒い中、山の中に一人ぼっちです。)

 

とっても突っ込みどころ満載の最終回でした。ドラマの序盤はちょっとテンポが遅かったですが、中盤以降はとても面白かったですが、最終回がちょっと残念。

そして、犯人が捕まってない殺人犯の話はどこへ・・・。

もっと早く殺人事件が起きて、テンポ良く進めて欲しかったかな・・・という印象です。そして、ひっぱった分、もっと意外な人を犯人にして欲しかったですね!亘でないだけマシですが。

Sponsored Link

Sponsored Link

2 Responses to “ロストデイズ最終回! 10話の感想とあらすじ 犯人は梨花。亘の絵は?”

  1. […] ロストデイズ最終回! 10話の感想とあらすじ 犯人は梨花。亘の絵は … […]

    • Jodie より:

      Men, hallÃ¥! Har du inte förstÃ¥tt att man är rädd för att lÃ¥na sig Ã¥t att vara draghjälp Ã¥t ett gäng pirater? Sedan jag började engagera mig finns det läsare som ringt dÃ¥ de blivit förvÃ¥nade – en 70-Ã¥rig farmor bland pirater! De tror att FRA:s signalspaning handlar om fildelning och andra hot mot nÃnia¤gsverksrmhet.

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ