プリティリトルライアーズ22話 感想とあらすじ トビーは死んでない?

Sponsored Link

3月15日放送のプリティリトルライアーズ22話の感想です。

 

スペンサーは本当は正気でした。けれど、つらすぎで現実から逃げるために、1日だけでも他人になりたいと思い、自分が分からないふりをしました。精神鑑定を受けることになり、サリバンがきて、彼女にトビーの死体をみたことを言いますが、警察は近辺に遺体を発見してないということでした。

スペンサーの担当の看護士のエディ・ラムの名札をみて彼女は驚きます。以前、モナが入院した施設を抜け出したりしたときに使ったIDでした。彼に尋ねると、以前IDに不具合があって何度か書き換えたことがあるとのことでした。そして、この部屋に以前モナがいたことが分かりました。

(なるほど、なるほど。トビーが持っていたIDは彼のだったんですね。見る限りでは彼はグルではなさそうですね。ただたんにIDを利用されただけのようです。しかし、警察がトビーの遺体を捜しているけど見つからないし、スペンサーも顔を見たわけではなく腰のタトウーで判断したわけなんですが、こうなってくるとトビーが死んだのかも怪しくなる・・・。)

 

ハンナとハンナの母の前にワイルデンが現れました。おびえる二人ですが、彼は車の居場所を教えるように要求します。ハンナは知らないと嘘をつきます。仕事でN.Yにいくハンナの母。ハンナはエミリーの家に泊まることになりました。(ワイルデン!彼は一体なんなんでしょう。でも、私にはハンナとハンナの母もかなり不思議です。)

 

アリアは、エズラとの関係に違和感を覚えます。エズラは収入が安定しないため、学校への復職を希望します。アリアは父にエズラの復職をサポートするようにお願いし、父も協力することを約束しました。アリアの父と母は、エズラが復職すれば、子供と子供の母と新しい家族で再出発するかもしれない、そうしたらアリアと別れるかもしれないから好都合だと考えて、エズラを学校に戻すことに協力します。(そうですよね。親としてはエズラとは別れて欲しいですよね。アリアの父と母の意見が一致しましたね。でも、気持ちも理解できます。)

 

モナがスペンサーに面会しました。彼女はアリソンの日記を持っている。すべての鍵を握っていて、すべて把握している、そして、すべてはパズルのピースのようなもの、スペンサーが一つ一つ組み立てようとしても、答えからは程遠い・・・と言い、去っていきました。

(このモナ!憎たらしいですね~。一体何を握っているのか。というか、すべて握っているといってましたね。核心には程遠いとスペンサーに忠告してましたが、モナが持っているアリソンの日記!気になります!)

 

今週も面白かったです。前回はトビーが死んだ!と思ったけど、それも良く分からなくなってきました。このドラマ本当に謎が多いです。次週はスペンサーが施設から出られるんでしょうか?出てきて欲しいですね!!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ