アメリカンアイドル(シーズン13)22回目感想とあらすじ TOP9パフォーマンス

Sponsored Link

4月5日放送のアメリカンアイドル(シーズン13)22回目の感想です。

 

今回はTOP9のパフォーマンスでした。

まずは、アレックス。

 

①アレックス

いつも個性的ですばらしいアレンジと、歌声だけど。歌にもう少しエッジを聞かせたほうがいいのは?とキース。そして、ハリーもいつもステージ真ん中に立っているので、多少は動き回ったほうがいいとアドバイスしました。

(昔はバーで歌っていたそうです。この実力でバーで歌ってたなんて、信じられない。つくづくチャンスって大事ですよね。)

 

②マジェスティ

音程が少し外れていたけど、とても良かった。どんな曲でも歌いこなせるから、視聴者はマジェスティがどんな歌手かわからないとの意見でした。

(今回は衣装も雰囲気が違うし、歌い方も堂々としていつもとはかなり違いました。でも、ばっちり決まってよかったですね。)

 

 

③デクスター

ヒット曲ばかり選曲するので、物まねになりがちとのキビシイ意見でした。

(確かにいつも同じような印象を受けます。)

 

 

④マラヤ

彼女の明るい曲も良いけれど、バラードのビブラートがとくに良かったと好評でした。

(彼女は16歳なんですよね。本当に歌うと大人っぽいですよね。)

 

⑤サム

選曲はよかったのでこの路線で行くといいこと、そして歌詞が響いてこないから感情をこめて、話しかけるように歌ように・・・との指摘。

(デクスターもそうなんですが、サムもいつも同じような曲を歌っているような印象を受けます。)

 

⑥ジェシカ

ハリーが今までで一番良かったといっていました。

キースは、少しぎこちないので、ステージパフォーマンスをもっと磨いて・・・とアドバイスしました。

 

⑦CJ

選曲がよくて、感情がこもっているけど、音程がぐらつくとの指摘。

(音程がずれているのが全く判らない私。すごく良かったと思ったんですが。)

 

⑧ケイレブ

大絶賛でしたね!ジェニファーは彼のパフォーマンスのとき、ノリノリでした!ハリーが原曲と同じくらい良かったと最高のコメントを貰いました。

 

⑨ジーナ

大絶賛のケイレブのあとということで、心配されましたが、ジーナも大絶賛でしたね!

彼女は前髪を作ってからとっても可愛くなりました。

 

番組冒頭で、先週番組を去ったMKについて触れられる場面がありましたが、ジェニファーがとっても残念がっていました。

そして、今回は辛口のハリーのために、キースが巨大グミを用意して、クマの形をした巨大なグミをハリーはさっそく耳にかじりついていました。ジェニファーも耳にがぶっとかじりついていましたね!

ハリーとキースのやり取りがとても面白いですよね。次回の結果発表では、私はデクスターが危ないかな・・・と思っていますが、どうなるんでしょうか?楽しみです。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ