花子とアン11話の感想とあらすじ ともさかりえの英語が上手い!

Sponsored Link

4月11日放送の花子とアン11話の感想とあらすじ

 

ついに英語の課題の結果を発表する日が来ました。校長が、このクラスは全員合格!だといい、クラスで一番良かったのは花子の手紙だといいました。

びっくりする花子とクラスメイト、そして富山先生。その花子の手紙を校長はみんなの前で読み上げました。その手紙の途中でスコット先生の顔色が変わり、教室から飛び出していきました。この手紙はスコット先生が恋人を思って書いた手紙だったのです。

(やってしまいましたね~。名前だけ変えて、スコット先生の手紙をそのまま写すとは!なんか、ずるいけど、やることが子供らしいですね!)

 

すばらしい手紙が信じられない、富山先生。もし、こんな文章が書けるなら英語もちゃんと喋れるはず、だから何か英語で言いなさいと指示します。花子はいつも通り、父から教わったgood morning、good evening、good afternoonを披露しますが、富山先生は納得しません。そこで、花子はスコット先生が歌っていた歌を披露して、みんなを驚かせます。

(ここで、スコット先生が歌っていた歌を披露するなんて、ちょっと感動・・・。なんだか、じ~んと来てしまいました。)

 

花子は礼拝堂で神様にどうしらいいのか尋ねます。そして、母への手紙にもスコット先生を傷付けてしまったこと、どうしらいいのか分からない、謝りたいけど英語が分からないことを書きました。

そんなとき、学校で偶然スコット先生に出くわし、花子はなりふり構わず、日本語で手紙を見てしまったこと、本当にごめんなさい、と何度も謝りました。そこへ、運悪く富山先生がやってきました。

(なりふり構わず、謝ったところ可愛かったですね。言葉が日本語でも、こういった場合は全然相手に伝わりますよね?分からない英語でぎこちなく謝るよりは、日本語で感情を込めて心のままに謝ったほうが相手に伝わると思うのですが。そして、最後はやっぱり、運が悪いですね。やっぱり、見つかってしまいます。悪いことするとやっぱり見つかりますね!)

 

ともさかりえさんの富山先生、英語がとっても上手いですね。けれど、ブログを読んでみると英語が全くダメで、聞くのも話すのもダメだったそうです。10月くらいからレッスンしたって書いてありました。すごい上達ですね。やっぱり、努力ですね!羨ましいです。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ