極悪がんぼ 1話の感想とあらすじ 初回視聴率、好調!

Sponsored Link

4月14日放送の極悪がんぼ1話の感想とあらすじ

 

ついに話題のドラマが始まりましたね。

 

神埼薫は恋人の茸本和磨のトラブルで自分が200万の借金を背負ってしまい、和磨には逃げられてしまいます。そんなとき、小清水経営コンサルタントの金子に会い、200万を貸してもらうことになります。薫と同じように借金があり、金子にお金を借りた聡美とともに、ある島にあるホテルで住み込みのコンパニオンをしてお金を返済するように進められます。

(これはまさに、男性の漫画の雰囲気たっぷりです。しかも、微妙な広島弁でちょっと失恋ショコラティエからのギャップについて行けない・・・私。そして、三浦さんの金子!すごいキャラですね。ヘアースタイルといい、話し方といい・・・かなり個性的。)

 

そんな彼女たちの前に現れたのが、冬月。そんなコンパニオンなんかせずに、ある男と偽造結婚をして、400万を調達ればいいと持ちかけられます。コンパニオンをするよりはいいと思い、乗り気の二人。この計画を進める二人でしたが、それに気付いた金子が邪魔をして、計画が失敗に終わります。

(わりとテンポのいいストーリーです。展開早いかな・・・と思います。しかし、この現実ではありえない漫画なストーリー展開が男性には受けそうな感じです。)

 

聡美は島のホテルのコンパニオンになる決心をし、島に行きました。それを聞いた薫が金子に自分が借金をなんとかするから、彼女を助けて欲しいと頼み込み、島まで助けに行き、彼女を救い出します。聡美は薫が借金をなんとかすると金子に言ったことを知り、行方をくらましてしまいます。小さい子供がいること、恋人のせいで借金が出来たと話していた彼女ですが、実は自分のパチンコ依存での借金だったこと、子供なんていないこを金子に知らされます。

薫は金子の事務所に行って、自分をここで働かせて欲しいと頼み込み、働くことになりました。

(なるほど。来週から本格的に小清水コンサルタントで働くんですね~。薫がいろんな問題を乗り越えていくというストーリーのようです! 楽しみですね。しかし、薫の尾野さんって本当に演技が上手いですね。ドラマ冒頭でポテトサラダを食べながら泣くシーン・・・すばらしかったです!さすが、実力派女優さん!)

 

視聴率13.6%だったようです。yahooニュースでも話題になっていましたね!まずまず・・・と言った視聴率のようですね~。そして、尾野さんの演技や、この役にはまっているととても評判がいいようです。今後も楽しみですね。

 

神崎薫(小清水経営コンサルタント所員)・・・尾野真千子

冬月啓(小清水経営コンサルタント所員)・・・椎名桔平

茸本和磨(薫の元同僚)・・・三浦翔平

真矢樫キリコ(スナックまやかしのママ)・・・仲里依紗

夏目大作(小清水経営コンサルタント所員)・・・竹内力

抜道琢己(小清水経営コンサルタント所員)・・・板尾創路

巻上輝男(ひとくせある金融屋)・・・宇梶剛士

小清水元(小清水経営コンサルタント所長)・・・小林薫

金子千秋(小清水経営コンサルタント所員)・・・三浦友和

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ