アリスの棘 2話の感想とあらすじ 上野樹里、髪型のせいで老けた?!

Sponsored Link

4月18日放送のアリスの棘2話の感想とあらすじ

 

明日美の次のターゲットは千原先生です。彼は患者を診察する気がなく、研究第一と思って教授になることしか頭にありません。明日美は彼をじっくり観察、調査するうちに隠れて薬を飲んでいることにきがつきました。それは、緊張すると視野狭窄が起きる病気の薬でした。(この先生、見ていて本当に腹が立ちます。患者にはいつも様子見、しか言わないし、オペも最初に切開するだけで自分は出て行ってしまいます。こんなドクター、いたら怖いけど、なんか本当にいそうで怖い。)

 

明日美は公園で遊んでいる千原先生の子供を蛭子を使って、幼稚園に連れて行きます。誘拐だと思った千原の元に、明日美は電話をかけ、子供を預かっていることを伝えます。

そして、要求は今度の病院のVIPの手術を千原が一人ですることを要求します。

(なるほど、こんなとき便利に使うのが蛭子なんですね。最初に服従させたのは正解です。)

 

オペ当日、千原はほとんどオペをしないため、久し振りの手術に緊張し、視野狭窄が起こります。結局、体調不良を理由にオペをキャンセルしました。

(しかも、オペの見学にたくさんの関係者が来ていました。こんななかでは緊張します・・・で、持病が発病しますよね!)

 

病院のロビーでもう二度と寄付もしないと怒るV.I.P.に千原は謝りますが、それを見ていた明日美は指示した言葉を言うようにメールをします。「私にも家族がいるんだ、根拠のない言いがかりで評価が下がったら困るんだよ!」この台詞をついに言ってしまいます。

そこにやって来た磐台教授。彼を解雇します。

(なんか、伊達先生に比べたら、千原先生少しバツが軽いような・・・気がします。伊達先生なんてお腹切り刻まれてましたから、しかもイニシャル!お嫁にいけません・・・。それに比べると失職くらいは軽いのでは?と思います。)

 

千原は娘を探しに幼稚園にやってきましたが、そこには何事もなかったかのように娘がいました。驚く千原に明日美が現れて、小山内の娘だと暴露しました。結局、彼は病院をやめて実家に帰りました。(なるほど。結局誘拐に見せかけて、実は幼稚園の延長保育に入れてたんですね。まあ、彼の罪は子供には関係ないですもんね・・・。)

 

このドラマ、とても好評ですね!上野さんの今までのイメージとは違う、ちょっと老けた?・・・とyahooニュースで話題になっていましたね。確かにイメージ違うし、シリアスな表情が多いし、メイクもナチュラルなんですが、やっぱり綺麗・・・です。ネットでは髪型のせいで老けたかも?と言われていますが、ショートカットでメイクがナチュラルでもこれだけ綺麗なんだから、本当に羨ましい限り!上野さんの美しさが際立って、とても素敵です!今まであまりファンではなかったけれど、このドラマでファンになりました!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ