花子とアン19話の感想とあらすじ ついに仲間由紀恵登場!さすが綺麗すぎる~。

Sponsored Link

4月21日放送の花子とアン19話の感想とあらすじです。

 

花子の学校に、葉山蓮子(仲間由紀恵)が編入してきました。校長室へ案内する花子。途中で茂木先生にあり、茂木先生は「葉山さま」と呼んでいました。高価な着物に帯、気品のあるしぐさに生徒たちは興味津々です。

(本当に気品があります。上品。相当な大金もちなんでしょうね。この時代に車で登場しましたし、お付の運転手まで!!)

 

そんな彼女は学校から、個室が与えられ、花子は先生に頼まれて彼女を食堂まで案内する役になりましたが、迎えにいくと、部屋で食べると言い、花子が食事を運ぶことになりました。

(花子、すっかり蓮子の女中と化していましたね・・・。でも、蓮子はそんなことは気にも留めてない感じです。)

 

英語の授業でロミオとジュリエットが課題になっています。愛を告白するシーンで富山は不謹慎だからと 重要な箇所を飛ばして次へ行こうとしましたが、花子が富山に”それはおかしい、この章は二人が愛を語る箇所でとても重要なところ”だと意見しますが、富山が聞き入れません。そこで、蓮子は、愛を汚らわしいものと思う富山は、富山自信の恋愛経験がないからでは?と言ってしまいました。

怒る富山は、蓮子をgo to bed!!と追い出しました。

(なるほど、こうやって・・花子と蓮子、どんどん気があって親友になっていくんでしょうか。楽しみですね。)

 

新しい展開でわくわくしました。仲間さん、さすがの貫禄で、やっぱり綺麗ですね。ちょっと年齢的に女学校?と思ったんですが、一応他の生徒や花子などとは8歳年上、という設定なんですね。納得。

そして、着物が良く似合います。美しい・・・。しかも、仲間さんの話し方や、声質が上品な台詞にぴったりですね、ごきげんよう・・・とか。仲間さんの登場で新しい雰囲気になりましたね。彼女がこの学校にきたいきさつとか気になることばかりです!早く知りたいですね!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ