花子とアン25話の感想とあらすじ 高梨臨の醍醐がジュリエット、仲間由紀恵がロミオの意外な配役!

Sponsored Link

4月28日放送の花子とアン25話の感想とあらすじです。

 

学校では文化祭を開くことになりました。みんなで何をするか演目を決めることになり、花子たちはロミオとジュリエットをしようと生徒たちは盛り上がっています。いよいよ富山を交えて、決めることになりますが、富山がロミオとジュリエットに大反対します。結局、話し合いの途中に、校長が入ってきてロミオとジュリエットを認めてくれることになりました。

(富山がロミオとジュリエットを反対する理由がありそうです。今回は特に触れませんでしたが、訳有・・・ぽかったので、今後触れていくかもしれません。)

 

蓮子は兄を呼び出し、兄が面会にやってきました。彼女は兄にお願いがある・・・短歌の先生のところに通う許可が欲しい・・・と言いますが、兄は許可しません。それどころか、この学校に通っているのは周りには黙っているから、一歩も出ず、隠れていろ・・・と言い放ちました。

(蓮子かわいそうです。本当に家族から邪魔者扱いですね。一体何をして今の家族関係になったのか、気になります。それにしても、短歌の先生のことろに行くにも許可も貰えず、この学校から一歩も出るな・・・なんて、気の毒。)

 

花子のクラスで役を決める話し合いをしています。花子は訳と脚本をすることになり、醍醐がジュリエットを立候補しました。ロミオの候補者がいなく、立候補もいなくて困っているところへ、蓮子が立候補しました。

(花子が訳と脚本・・・ここから、花子の翻訳人生がスタートするんでしょうか。ここで、花子がジュリエットととかしてたら、違ったのかもしれませんね。なんでも、つながっている感じです。しかし、蓮子のロミオ・・・イメージが違う・・・でも、かなり上品なロミオになりそうですね。)

 

醍醐のジュリエット!ぴったりですね。クラスの中ではピカイチ醍醐が可愛いですもんね。高梨さんの目鼻立ちくっきりのお顔立ちにぴったりの役です!そして、違和感たっぷりの思い切り女性らしい蓮子の男役これも見ものですね。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ