プリティリトルライアーズ 13話の感想 あらすじとAの正体について考察

Sponsored Link

プリティリトルライアーズ

プリティリトルライアーズ  あらすじ

シーズン3までをかなり簡単にまとめると、ハンナ、アリア、エミリー、スペンサー、アリソンの5人の女子高生がドラマの中心です。

あるときアリソンが失踪して、殺人事件に発展します。

その後、残りの4人のもとへ”A”と名乗る謎のメールが送られます。

それからは、それぞれがAに殺されかけたり、脅されたり、秘密を暴かれたり・・とAが仕掛けるわなにはまっていくというストーリーです。

プリティリトルライアーズ  シーズン3の12話

プリティリトルライアーズ、先週ついに”A”の正体が分かりましたね!これには、本当にびっくりしてまって、思わずテレビを見ながら「ええええっ~!」と声をあげてしまいました。

今まで(シーズン3の12話)までAの正体を引っ張って、毎回ドラマの最後数分に見せるAの体の一部で、やきもきしました。いつ見せてくれるのか、本当に毎回ドキドキしましたが、ここまで引っ張られると「もう最終回まで見せないんだろうな・・・。」と正体が明かされることはあきらめてました。・・・が、しかし、完全に油断してました。「また、いつものか・・」と思ってたら、いきなりフードをはずして、トビーが!!!

トビーだったのか。

本当に不意をつかれました。この演出には脱帽です。

 

13話についての感想

ということで、今まで隠されていたAの正体が分かってドラマを見るのと、見ないのでは大違いですよね?この13話からはA=トビーと思ってみますので、今までとは全く違います。

たとえば、物語はじめにスペンサーがギャレットと二人きりになって、本当の犯人を聞き出そうとしたとき、偶然なのか必然なのかトビーがやってきました。こんなときもはAが誰だかわからなければ、「トビー、いいところにきた~」と思ったでしょうけど、Aだと分かった今は、「あ~邪魔しにきた!」と思ってしまいました。

 

ハロウインパーティ

今回はハロウインパーティがメインでしたが、このパーティ、とても高校生のパーティとは思えないくらい豪華なものでした。列車を借り切っての豪華なパーティ。

そのパーティにゲストとしてアダムランバートが登場したのはびっくりでしたが、妙に牙を生やしたコスプレが似合ってました。そして、アリアが”A”をサポートするモナに薬を飲まされて、貨物車の荷物の中に閉じ込められて、列車から落とされそうになりましたが、危機一髪のところで、ハンナ、エミリー、スペンサーに助けられました。そして、荷物の中には警官の死体が・・・。本当にハラハラ、ドキドキしっぱしの13話でした。

 

UGGのフラットシューズ

モナが精神病院の自室でハロウインのお面を作っているときに、足元が写りました。

UGGのグレイのフラットシューズはいてました。このドラマ、主人公が高校生ということもあって、手ごろな価格のファストファッションを多く取り入れているということなんですが、精神病院の室内履き?にUGGとは驚きです。(アメリカだから、室内履きと外履きは同じかもしれませんね!)リッチ高校生ですね!

 

”A”=トビーと正体を明かしたあと、物語がどのように展開していくのかとても興味があります。アメリカではシーズン4が放送中ということなので、お話は続きます。まだまだ楽しめそうですね!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ