アリスの棘 5話の感想とあらすじ オダギリジョーがかっこいいと話題!

Sponsored Link

5月2日放送のアリスの棘5話の感想とあらすじです。

 

西門と明日美は今後のことを話し合い、当時のことを知る人物に話を聞くことにし、蛭子に改めて当時のことを聞く明日美。彼は、通常の胃の切除だと思ったら、当時の最新技術を使ったことに驚いた、そして、教授が指名したのは伊達とオペの下手な千原だったからびっくした、そして、通常の10倍の出血があったことを告白します。

(なんか、この蛭子、笑ってしまうのは私だけでしょうか。そして、明日美が蛭子に毎回、あなたに選択肢ある?)

 

西門は清掃員の横山から、当時のことを聞くことができました。彼は、当時、小山内が倒れた日、清掃していたら盤台が紙コップのようなものをもって、図書室に向かって、そのあと小山内が血を流して図書室で倒れていたと話しました。

 

 

日向が盤台をたずねてきて、別荘を8000万でかって欲しいと持ちかけます。その別荘には盤台が世間に知られたら困るものがたくさんある・・・といい、結局盤台は別荘を買うことになります。

そのことを知った明日美たちは、なんとかその別荘に入って証拠を見つけるために、病院のみんなで、その別荘近くのロッジに泊り込みで遊びに行きます。

(なんか、楽しくなさそうな、病院の仲間の集まりでしたね。楽しそうなのは星野だけでした。しかも、仕事仲間とお泊りで遊びにいくなんて、私はちょっと遠慮するかも。)

 

盤台の息子になんとか問題の別荘の鍵を開けさせるために、明日美は彼に二人になりたいと嘘をつき、キスをします。その現場を星野が見ていました。

二人で別荘に行きますが、少しの差で盤台教授のほうが先につき、既にお庭で書類を燃やしていました。

(あ~こうなる気がしました。星野の嫉妬が恐ろしい。)

 

その焼き痕から、看護師が小山内にカテコラミンを飲ませたという記述の切れ端を見つけました。(これだけでも、見つかってよかった。よかった。やっぱり、盤台は手ごわいです。今までは1話で1人のペースで復讐できてたのに、盤台はやっぱり大物なので、そう簡単にはいきませんね!)

 

オダギリさん、かっこいいと話題ですね~。確かに、前クール出演のS最後の警官よりも、極悪がんぼよりも、断然このドラマのほうがかっこいいです。やっぱり、スーツ姿が似合います。そして、髪型もスーツとマッチしてかっこいい!先日読んだyahooニュースによると、本当には上野さんとW主演だったらしいですが、オダギリさんの意向で、上野さんの主役になったそうです。彼はあまりドラマの主役はしない・・・というような記事がでてました。本当かどうか分かりませんが、確かにここ最近はずっとドラマでは脇役です。が、脇役でも彼がすると存在感があり、ドラマが締まる・・・というか、やっぱり、オダギリさんクラスになると脇役でも、かなりの存在感がありますよね!ドラマの主役、期待して待ってます!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ