花子とアン37話の感想とあらすじ 蓮子のモデルは、柳原白蓮!髪型も同じ!

Sponsored Link

5月12日放送の花子とアン37話の感想とあらすじです。

 

花子は急いで蓮子の部屋に行きますが、蓮子は婚礼準備のため、兄の家に泊まっています。花子は校長室に行って、外出許可を貰おうとしますが、校長が許可してくれません。花子は蓮子は話をしたくてたまりません。

仕方なく、学校と抜け出そうとしていると、茂木先生が気付いて、”行きなさい”と行かせてくれました。

(花子だけでなく、学校のみんなも蓮子の様子が気がかりだったようですね・・・。茂木先生は優しいですね。花子の実家で、母のふじ、そして、特に兄は驚いてショックを受けていたようです。淡い初恋でした・・・。)

 

葉山邸に行った花子ですが、マスコミに囲まれてしまい、警察に保護されました。学校に知られてしまいましたが、お咎めはなしでした。

自宅の外で、マスコミにもまれ、女学生が警察に保護されたと知った蓮子は、一日だけでいいから、学校に戻りたいと兄に懇願します。

(蓮子の義姉の園子!あ~本当に意地悪です。しかも、見た目もかなり意地悪そう。)

 

翌日、蓮子が学校に来ていると知った花子は授業中にお腹が痛い・・・と嘘をつき、蓮子の部屋へ行きます。やっと会えた蓮子。蓮子になんで言ってくれなかったのか・・・と問い詰めます。

(富山先生・・・今日も優しかったですね。花子の腹痛が嘘だと見破って、授業に集中できないから、”go to bed!!!”とわざと、行かせました。

 

蓮子のモデルは、柳原白蓮さんという歌人だそうです。当時でもものずごい美人で、大正三美人と呼ばれていたそうです。炭坑王に嫁いだ美人の歌人・・・というタイトルでの記事がネットでも出ていました。とても美しい方でした。まさに、この役は仲間さんにぴったりです。しかも、今の蓮子の髪型も白蓮さんと同じでした!こうやって、実在の人物がいるとお話ももっと面白く感じますね。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ