失恋ショコラティエ 1話の感想 石原さとみが可愛すぎると評判に。妄想演出も評価高

Sponsored Link

失恋ショコラティエ

 

1月13日放送の「失恋ショコラティエ」1話、面白かったですね。

「失恋ショコラティエ」面白かったですね。私は結構好きでした!ネットでも石原さんが可愛いすぎる~!!と大評判でしたね!私は石原さんのファンではないですが、とにかく石原さんの可愛さに脱帽です。本当にやばいくらいに可愛かったです。ストーリーの展開も速くて、退屈せずにみれました。

 

出演キャストごとに感想を書いてみました。

小動 爽太(松本潤)

高校のときに紗絵子に出会い、彼女と付き合ってると思っていたが、実は二股をかけられていて振られることに。

その後、単身フランスに渡りサエコが好きなチョコ専門店で6年働きます。

帰国後、 爽太は実家のケーキ屋をチョコ専門店に改装し、ます。そこにサエコが現れて再会します。サエコは自身が1ヵ月後に結婚することを伝え、そのウエディングケーキを 爽太に作って欲しいと頼みます。

他の男に作らせるなら、自分が作ると爽太は引き受け、開店準備と重なり、忙しさのあまり疲労で結婚式の日に倒れてしまいます。

本当に健気としかいいようがないです。ひたすら高橋(吉岡)紗絵子(石原さとみ)を思い続けています。サエコが喜ぶなら、サエコがハッピーならそれでいいと爽太はサエコのわがままを全部引き受けるんですが、こんなに愛されてるなんて本当にサエコは幸せですよね?

 

高橋(吉岡)紗絵子(石原さとみ)

天然系子悪魔女子とのことですが、私は結構彼女のキャラが好きですね!はっきりしていて、欲しいものは欲しい・・・の肉食系って感じで分かりやすくて可愛いです。爽太にウェディングケーキを頼んだのも、本当に爽太が作るケーキがよかったという、そのままだと思います。

ネットでは彼女のキャラについてやっぱり女子の反応がイマイチですね!

でも、石原さん、結構嫌味なく、すごく可愛く演じてました。

とくに、いろんなチョコを食べるシーンで、ちょっとアップになったのですが、これが本当に可愛かった!リッチマンプアウーマンのときに、ネット上で石原さんが可愛いすぎる~と話題になったのもうなずけます。

 

井上 薫子(水川あさみ)

爽太がフランスに行く前からの父の経営するケーキ屋の従業員。

チョコ専門店の変わってからも、爽太と一緒に働きます。

私はどちらかといえば、薫子さんにイラっときました!爽太のすること(サエコのケーキを作るとか)に文句を言うので、私はダメでした。爽太のことを思って忠告するんだと思うけど、やっぱり文句を言うのはちょっとダメでした。

しかも、サエコさんの結婚式の日に倒れた爽太に代わりケーキを届けに行くんですが、そのときにサエコさんに「あなたのせいで爽太が倒れた!」と言ってしまします。なんか、意地悪ですね~。

 

オリヴィエ・トレルイエ(溝端淳平)

フランスで爽太と一緒に修行し、日本についてきてしまいます。

爽太のチョコ専門店で働きます。

フランス人と日本人のハーフ。

ハーフぽっくないですが、ドラマの中でもハーフぽくないと薫子さんに突っ込まれていました。

 

妄想

爽太の妄想部分が面白かったですね~。ドラマの前評判では、原作ファンからは、妄想部分がこの漫画の要なのにちゃんと描けるのか、と不安な声もありましたが、私は結構上手く描けていたのではないかと思います。ちょっと、エッチなシーンも月9らしくさわやかだったし、最後の披露宴の妄想シーンは笑えてしまいました!

ドラマの中で、笑える場面と、シリアスな場面、ちょっとエッチな場面・・・とかなり幅広くバランスよく構成されているな・・・と思いました。

来週は人妻になってからのサエコが出てきますし、妄想部分ではいつもは見られない石原さんのセクシーな演技も楽しみですね!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ