花子とアン55話の感想とあらすじ もも役の土屋太鳳、浜ちゃんとの関係は?

Sponsored Link

6月2日放送の花子とアン55話の感想とあらすじです。

 

吉太郎から元気にしているという手紙が届きました。4年のときが流れていました。みんなで吉太郎の手紙を読んでいるときに父が行商から戻ってきて、ももに見合い話を持ってきました。相手は、旅先で出会った人で北海道に住むことになっているということでした。

(え~北海道!この時代の人は、金持ちも貧しい人もほとんどこういった形でのお見合いだったんですね。あったこともない人と結婚させることが、本当に幸せになれると吉平も信じているようでしたね。)

 

ももは花子に自分は好きな人と結婚がしたいと打ち明けます。そして、誰か好きな人がいるのかたずねますがももはいないと答えました。

数日後、朝市が家に来たときのももの様子を見た花子は、ももが朝市のことが好きなことを気付き、二人をくっつけようとします。

(花子は何もしないほうがいいのに、余計なことをしようとしています。花子はもものことが可愛くてしかたないんですね。まあ、ほとんど自分が育てたようなものだから、母親のようです。)

 

ももに見合い話が来たことを朝市に話して、朝市が寂しくなるといえば、それをももに伝えたり・・・。

何とか二人で会わせで、過ごさせようと考えます。

(あ~朝市は花子のことが好きなのに、こんなことをしたら朝市もももも傷つきますよね。)

 

土屋太鳳さんって珍しい名前ですが、本名なんですね。びっくりです。彼女の母親が予知夢を見て、このお名前に決めたそうです!いつもはももの役柄なので、顔が黒い感じですが、ネットで他の画像をみると土屋太鳳さんて本当に可愛い方なんです!ちょっとびっくり!なんか、ももの印象がつよくて、現在の写真をみるとギャップが。そして、彼女の名前を検索するとダウンタウンの浜田さんの名前があがるんですが、これは土屋さんと浜ちゃんの次男が幼稚園から小学校まで同級生だったということです。つまり、浜ちゃんは友達のお父さんということになりますね!いろいろつながっています。このドラマでメジャーになって、今後の活躍が期待される女優さんですね!!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ