花子とアン73話の感想とあらすじ 村岡平祐役の中原丈雄の素顔は??

Sponsored Link

6月23日放送の花子とアン73話の感想とあらすじです。

 

花子と村岡が抱き合うところを見てしまう醍醐。花子に話があると呼び出し、抱き合うところを見てしまったことを話し、私は負けない!と花子に言いました。

(醍醐って本当に可愛い女性です。大体ドラマでこういう場面があったら、見てしまったことを言わずに陰でネチネチ・・・というパターンが多いですが、醍醐は見てしまったことをきちんと話し、それに対して負けない!と正々堂々と。)

 

新雑誌の件で打ち合わせにきた村岡を一生懸命もてなす醍醐。会議では、花子の意見に賛同する村岡を見て、醍醐は花子に明日は負けないわよ・・・と更に言い出します。

花子は自分の意見に賛同してくれた村岡にお礼を言いますが、彼は意見が良かったからだと花子に言いました。

(醍醐、可愛いのに男前!)

 

会議のあと帰ってしまった村岡が帽子を忘れて帰ってしまったことに気付いた花子は、村岡が帽子を取りにくることを期待してしまいます。会社に一人残る花子は、村岡の帽子を被ってみたりしていました。そこに、村岡が現れてしまいました。そして、彼は花子に昨日のことは本当にすみません、忘れてください・・・と言ってしまいます。

(この村岡の帽子を被るシーン可愛かったですね!!そして、村岡に忘れてください・・・って言われたのはこれは傷つきます。振られたってことでしょうか?村岡も花子のことを好きなはずですから、何か考えがあるのかもしれません。)

 

カフェにいつもいる紳士は、なんと村岡の父親ということで村岡平祐役を中原丈雄さんが演じています。とても品のある紳士が、村岡の父ということで納得です。そして、この中原さん、本当に多数のドラマに出演のまさに名脇役ですね!関東では放送がないかもしれませんが、先日「えみちゃんねる」という関西のトーク番組に出演されて、ご自身で30歳くらいまでは下積み時代だった、そして、奥様はその売れない時代に支えてくれた女性だといわれていました。そして、ご自身の移動はいつも自転車だととても庶民的な一面も見せてくれていました!この番組でもとても品のある雰囲気で素敵でしたよ!!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ