プリティリトルライアーズ 14話の感想・あらすじ ドラマの最後の結末は?

Sponsored Link

プリティリトルライアーズ

1月18日放送のプリティリトルライアーズ、第14話の感想です。

モナがついに学校に復帰しました!復帰初日、ロッカーを開けたら牛の脳?がナイフに刺さった状態で中に入っていました。学校中が見守る中、モナはナイフを持って、脳をゴミ箱に・・・。(今回はモナのロッカーのいたずらしたのは”A”ではないようですね~。ただの誰かのいたずらか、自作自演か・・・。アリアたちも少し自作自演では?と疑っていたようです。)

急にいい子になったモナをスペンサーは怪しみます。そして、モナがジェイソンに近づいていると思いジェイソンにモナには気をつけるように警告します。

(スペンサーが可哀相。他人の心配する前に、自分の心配をしたほうが。スペンサーの彼のトビーがAなんですから。)

 

モナが学校で清掃の男性と話しているのをみたエミリーは、その男性が昔のモナの隠れ家だったモーテルの受付男性だと気づき、清掃員控え室にいってみるとそのこにはモナの荷物があります。

学校のマラソンの途中に4人は清掃員の控え室を再び探りに行き、アリソンの日記を見つけます。男性が戻ってきて、捕まりそうになったときにトビーがきて助けられます。

(このときのトビーは本当に助けたのか?それとも、4人の行動を探るためなのか?)

 

アリソンの日記によるとアリアの父は浮気が原因でアリソンにお金を要求されていたようでした。これを見たアリアはショックを受けます。

(アリソンって本当に、性格が悪いです。友達のお父さんからお金をとるなんて。今までも、友達などに意地悪なことをたくさんしてきたので、誰に殺されてもおかしくないですよね??)

 

マラソン大会の倉庫で爆発が起きて、アリアの父の浮気相手の先生が大怪我をしました。その先生は倉庫に袋を取りに行くようにメモがあったため、倉庫に行って事故にあったようです。

アリアの父は、アリアたちがやったと思い込んでしまいます。

(アリアが可哀相ですね~。父は娘より、ガールフレンドを信じてしまうのでしょうか?)

 

最後にスペンサーがまたモナのことをジェイソンに警告しにいきますが、スペンサーが去ったあと家からモナが出てきて、ジェイソンの傷の手当をしました。ここで、終わります。

(え?ということは先週アリアにドライバーで刺されたのはジェイソン??)

 

かなり複雑になってきました。

先週アリアが荷物に閉じ込められたときに、必死の抵抗で近くにあったドライバーで犯人の身体のどこかを刺しました。

今週はルーカスが脚を引きずっていましたが、ハンナたちはルーカスが怪しいと思い込みますが、この最後の場面を見ると、ジェイソンとモナがAのグルかな・・・と。なんとなく、ルーカスはAの正体を知ってるけど、隠してる感じがしますし、なんとなくいい人のような感じが漂っています。

Aの正体が分かった今、このドラマのゴールは何なのか?ちょっと疑問になりますが、おそらく、ハンナ、スペンサー、アリア、エミリーの4人に正体がばれることでしょうか?

それとも、Aの背後に別の人物がいるとか・・・。

ちょっとこの仮定には無理があるかもしれませんが、私はいまだにアリソンが実は生きているような気がしてならないんですが。

とにかく、来週も目が離せませんね!!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ