花子とアン 87話の感想とあらすじ 宇田川満代の着物が可愛い!!

Sponsored Link

7月9放送の花子とアン87話の感想とあらすじです。

 

上手く状況をかわした宮本。伝助に気付き一人で来店したように振る舞い席につきます。伝助は蓮子に渡したいものが見つかったから大急ぎでカフェにきたと、蓮子へのプレゼントを渡します。そのプレゼントとは、蓮子が欲しがっていたティアラでした。蓮子はこんなものいらない、と全く喜ばない蓮子。結局、花子と伝助と三人で夕食をとることになりました。

(そうでしょうね。修羅場的な場面でしたが、宮本が気付いたので、上手くかわしましたね!でも、伝助が蓮子のためにティアラを用意していたり、ほかのお客さんにもお酒をおごったりする姿を見て、何か感じるものがあったのかもしれません。本当に伝助は蓮子が好きなんですね。ティアラを東京中のデパートとか探しまわったようですし、そんなティアラを全く喜ばない蓮子にも怒ることなく、わがままなお姫さまだといっていました。)

 

花子の家で、蓮子にもう宮本と会わないほうがいいと、言いますが蓮子は今この瞬間も会いたいから、それは無理だと言います。

(花子も伝助のそんな愛情や、優しさに気付いているのかもしれませんね。花子もかよも伝助のことを気に入ったようです。)

 

宇田川に主人公の挿し絵のダメ出しをうけた村岡は、イメージが思い浮かばず困ってしまいますが、そんな彼を見て花子はもう一度宇田川の連載を読んで自分なりのイメージをまとめて、村岡に渡します。

(確かに小説を読んで、挿絵を、ましてや主人公の絵を描くなんて難しいですね~。小説を読んで想像するものは、みんな違うし、宇田川ももっと具体的に伝えてあげたらいいのに、宇田川自身も何か違う・・・というような漠然としたもののようでした。花子が資料を渡したことで、花子と村岡の距離が近くなったような気がします。)

 

宇田川先生、いつも可愛い着物を着ていますね。奇抜なカラーや柄が目を引きますが、凄く斬新で花子のアンの中の着物で一番好きかも!!

大きなイヤリングと大胆な柄の着物合わせたり、指輪を合わせたり、すごくおしゃれです。

今でいうファッションリーダー的存在なのかもしれませんね。

Sponsored Link

Sponsored Link

One Response to “花子とアン 87話の感想とあらすじ 宇田川満代の着物が可愛い!!”

  1. Rosa より:

    There is another point suggested by Pa7t&ciai#821r;s comment which is worth expanding upon. A political space which is not welcoming to strong and capable women will pay a double penalty in the long run. Not only will it be weakened by the absence of talented women in leading positions, it will be further weakened by the absence of the better type of talented men, i.e. those who are comfortable and happy in the company of strong and intelligent women.

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ