花子とアン90話の感想とあらすじ 蓮子と宮本、ついに駆け落ちかも?

Sponsored Link

7月12日放送の花子とアン90話の感想とあらすじです。

 

村岡の挿し絵をじっと見つめる宇田川。ついに無愛想ながらも村岡の挿し絵を気に入り、オッケーをだしました。醍醐は村岡に誰の心にも銀河の乙女がいる、村岡の銀河の乙女をかいたらいい、とアドバイスしたと花子に言います。

(醍醐が優しいです。少し前まで自分も村岡を好きだったなんて、関係ないんでしょうね。本当に性格がいい!!)

 

帰り道、花子に話があると村岡が立っていました。家で二人でかよも交えて話をすることになりました。村岡は花子を愛してしまった、今までは、傷つく人がいるから、自分の気持ちに気付かないふりをしていたけど、もう、自分の気持ちに嘘はつけない、結婚してください。と告白しました。

それに対して、花子はすみません・・・・といったん断ります。けれど、横にいたかよが花子の気持ちをほぐし、花子も了承します。

(ついに結婚なんですね。というか、もう結婚!昔は交際せずに、一気に結婚だなんて本当に凄いことです。村岡もかなり好感もてる告白の仕方でした。そして、かよ、可愛い~。)

 

蓮子は、宮本からの手紙を落ちつかない様子で待っていました。

遂にやってきた手紙。そこには、蓮子が伝助と別れられないことが良く分かった。もう終わりにしよう・・。という、別れの手紙でした。それを読んだ蓮子が一人で泣いていると、伝助が何故元気がないのか、と心配します。蓮子が東京に行かせて欲しいと頼み、伝助は次に仕事に行くときにまた行こう・・・と言いますが、蓮子は今すぐ行かせて欲しいと言い出します。

伝助はキビシイ表情できっぱりダメだ!と言いましたが、もし行かせてくれないなら、この家から出て行く!と言い切りました。

(宮本も蓮子が最初から結婚していたのをわかって付き合ったんだから、今更こんなことを言うなんて、ちょっと自分勝手。そして、伝助。優しいです。ただ、今日のやりとりから、もしかしたら宮本のことを気づいているのかな?という感じがしました。)

 

ついに次週は、蓮子は駆け落ちするんでしょうか?モデルになった白蓮さんも駆け落ちしたようですから、するかもしれませんね~。面白くなりそう。でも、この時代に、この裕福な暮らしを捨てての、駆け落ちって本当に勇気が要りますよね。私には出来ません。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ