若者たち 2話の感想とあらすじ 視聴率急落の理由は、リアリティがないから?

Sponsored Link

7月16日放送の若者たち 2話の感想とあらすじです。

 

暁が戻ってきたことで、また兄弟で激しいけんかが始まりました。亘は、暁が刑務所にいったことで、学校を中退したことなどを言い出し、取っ組み合いの喧嘩になり、ひかりはあきれて呆然としていました。

(なんか、取っ組み合い好きですね~この兄弟というか、家族。)

 

香澄から、妊娠しているといわれた亘。どうしていいのか分からず、陽に相談します。陽を含め3人で会うことになり、陽がこの場でトイレで検査薬で検査することを要求します。結局観念した香澄。妊娠したこと、そして、そもそも一緒に寝てしまったことも全て嘘だったと白状します。

(こういう女の子、結構いるんでしょうか。そして、それに騙される男性もいるのかな~。)

 

旭は、暁の被害者の昌江の家族に謝りにいくように言いますが、暁は聞かず、結局旭が行くことになり、昌江の娘の多香子にあい、仏壇に手を合わせました。旭は、暁に昌江のところに行かない理由を問いただすと、刑務所に届いた昌江からの手紙を差し出しました。そこには、昌江と音信不通だった実の子供との不仲な関係が書かれていました。

(こういう、希薄な家族関係案外多いのかもしれません。なんか、寂しいですね。)

 

暁は再び、昌江の家に行き、手紙の続きとビデオカメラを見つけました。

家に帰り、暁に母ちゃんと呼ぶほど、慕っていたのに何故、騙したのか、そして何故謝罪しないのか、と問いただします。それでも、謝罪に行こうとしない暁にひかりが、騙したお金を旭が毎月返済していると言い出します。

(あ~なんか、そんな気がしました。だから、この家、働いても貧しいんですね。)

 

昌江宅に向かった二人。昌江の子供たちが罵声を浴びせるが、旭は昌江からの手紙を見せて、昌江は本当のことをわかっていて、あえて騙されたこと、子供と疎遠だったことなどを説明しました。そして、昌江の部屋にあったビデオを暁に見せます。

 

そのビデオには、昌江が生前の様子、暁と息子のように思って楽しく過ごしている様子が写してあり、更に最後には病室から昌江が暁に向けてメッセージが写してありました。

彼女は、暁にだまされたふりをしていたこと、本当の息子のように思えてしまったから、自分の負けだいうこと、3000万を誰かのために使おうとしていることもわかっていると言っていました。

(なんか、このビデオに違和感。)

 

このドラマ、視聴率急落のようです。初回の12.7%から、7.8%に落ちてしまったようです。古い作風に違和感がありすぎて、視聴者が離れたのでは?と言われているようですが、杉田監督にとっては、想定内だそうです。確かに、私もこの取っ組み合いには違和感です!

この取っ組み合いがなければ、もっとリアルな感じで見れるような気がします。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ