昼顔 1話の感想とあらすじ 吉瀬美智子が不倫主婦でセクシーすぎる!

Sponsored Link

7月17日放送の昼顔 1話の感想とあらすじです。

 

紗和は、夫の俊介と暮らし、スーパーでレジのパートをする主婦。ちょっとした出来心から、スーパーの商品の口紅を盗んでします。その現場を見ていたお客の利佳子に、不倫のアリバイ協力を頼まれます。断りますが、口紅のことを出され、しぶしぶ了承しました。

 

利佳子は、出版社で編集長をする夫と二人の娘と暮らす裕福な主婦。家も新築で目を引くほど大きな家に住み、何不自由ない暮らしをしていますが、昼間に不倫を繰り返す「平日昼顔主婦」でした。(へえ~平日昼間に浮気する主婦を昼顔主婦って呼ぶんですね。初めて知りました。)

 

この日も、智也と不倫をしていた利佳子。車上あらしにあってしまい、紗和に協力して欲しいと頼みます。

警察で事情を聞かれ、利佳子とはもともとの友人で、知り合いの智也に一緒に会う約束をしていたと言ってしまいます。車上あらしをした高校生の啓太と担任の裕一郎が謝罪にやってきて、利佳子は示談でいいと告げます。

(斉藤工さん、メガネが似合う!!)

 

後日、示談の話し合いに付き合わされた紗和。裕一郎がやってきて、示談の話をしようとするが、親が来ないのは誠意がないと利佳子が言って示談は出来ないと言い出します。もし、示談したいなら、利佳子とデートするなら考えると言いだします。あきれる裕一郎は怒ってしまい、その場から去ってしまいます。

(いきなり、こんなことを言ったら普通怒りますよね。)

 

紗和のマンションの前に、智也がいました。何度連絡しても利佳子が出ないから、家を教えて欲しい、そして、なんとか連絡くれるように言って欲しいと頼みますが、紗和が断ると智也はマンションの前で泣き出してしまいます。そして、結局は引き受けてしまいます。

(この現場を姑が見てましたね~。完璧勘違いして解釈して、ひと悶着ありそう。)

 

数日後、紗和は智也のことを話そうと、利佳子の家に行きました。そこでは、利佳子の夫の徹が会社の人たちを招いてパーティをしていました。そこに、しぶしぶ混ざることになり、パーティに参加していると、利佳子の娘が、母に智也というお客さんが来たと知らせに来ます。凍り付いてしまう利佳子と、紗和。結局、紗和が機転を利かせて智也が弟だと言い、智也を連れて帰りました。

 

紗和は裕一郎が気になり、学校に足を運びます。裕一郎が呼び止めてくれて、この前は嘘をついた、本当は利佳子とは友達ではない、と言いに来たと告げます。

(裕一郎、かっこいい。先生役も似合ってます。お似合いカップル。)

 

このドラマ、面白いです。比べてはいけませんが、同じ既婚者の恋愛ものでもTBSの同窓生より、断然面白い。利佳子のがつがついく感じも好きですし、紗和の自然体な感じも好感持てます。そして、なんと言っても、吉瀬さんて、こんなにセクシーでしたっけ??バシッと決めても、普段着のときも、セクシーって羨ましいですね!!

 

キャスト

笹本 紗和・・・上戸彩

滝川利佳子・・・吉瀬 美智子

北野 裕一郎・・・斉藤 工

乃里子・・・伊藤 歩

長谷川 美鈴・・・木南 晴夏

滝川 徹・・・木下ほうか

藤原 智也・・・溝淵 泰史

笹本 俊介・・鈴木 浩介

笹本 慶子・・・高畑 淳子

加藤 修・・・北村 一輝

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ