花子とアン103話の感想とあらすじ 大叔母が村岡花子の村岡希美の意地悪さが健在!

Sponsored Link

7月28日放送の花子とアン103話の感想とあらすじです。

 

花子の家に醍醐がやってきました。醍醐は、蓮子の家の運転手から、蓮子が男の子の赤ちゃんを産んだことを聞いたと言って知らせにきてくれました。喜ぶ花子。宮本は、男の子の名前をどうやって蓮子に伝えようか考えていると、醍醐が運転手ならなんとかしてくれるかもしれないと言い出します。

(醍醐、いい仕事しますね~。)

 

蓮子の兄は、伝助の家に来ていました。伝助の部下が蓮子をどうやってでも連れて来い!と怒鳴る中、伝助が冷静にやってきました。兄は、伝助に頭を下げ、結婚前のお金を返すことが出来ないから、せめてもの償いの意味で蓮子の髪を差し出します。そして、蓮子を尼寺に連れていくことを伝えます。赤ちゃんが無事生まれたか聞く伝助。赤ちゃんがいることに怒った部下たちが、兄に詰め寄りますが、伝助が今後一切蓮子に手出ししたら絶対許さないと彼らに向かってはっきり言いました。

(え?蓮子は寺に連れていかれるんでしょうか。そして、伝助も髪の毛もらっても嬉しくないですよね??それにしても、伝助の株がますます上がります。自分が一度は愛した女だから、彼女に手出ししたら許さん!!かっこいい~!)

 

花子が蓮子の家にやってきました。運転手が義姉に掛け合ってくれて、花子は上がりこむことが出来ました。そして、義姉が根負けして、蓮子の部屋へ通してくれました。驚く蓮子。花子はまず蓮子の短くなった髪に驚きます。蓮子は赤ちゃんが無事に生まれたこと、でも赤ちゃんに合わせてもらえないと言いました。花子は自分が交渉すると言い、義姉に詰めより、結局赤ちゃんと対面することが出来、宮本から預かった赤ちゃんの名前を蓮子に渡すことが出来ました。

(兄は赤ちゃんをどうする気なんでしょうか?どっかに養子にするとか?そして、蓮子は尼にするつもりなんでしょうか。)

 

久々の登場の村岡希美さん。蓮子の髪の毛を切る意地悪な役がぴったりでしたね。そして、蓮子を軟禁状態にして、赤ちゃんにも会わせないという意地悪っぷり。夫の指示とはいえ、意地悪さは健在です。村岡さんの園子役と、伝助の家のタミってなんか雰囲気が似てるような気がするんですが、どうでしょう?

Sponsored Link

Sponsored Link

One Response to “花子とアン103話の感想とあらすじ 大叔母が村岡花子の村岡希美の意地悪さが健在!”

  1. Wilhelmina より:

    With the bases loaded you struck us out with that anesrw!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ