GTO 4話の感想とあらすじ 松岡茉優が可愛い!妊娠の行方は?

Sponsored Link

7月29日放送のGTO 4話の感想とあらすじです。

 

バスケのエースだった桐谷優(片寄 涼太)は、突然バスケをやめて、不良グループと付き合うようになり、チームメイトとも険悪な仲になっていました。職員室で他の先生からもかつてのバスケでの活躍ぶりを聞き、不思議に思った鬼塚は桐谷の父親の徹也(嶋田 久作)を訪ね、話していると桐谷が喧嘩して補導されたと連絡が入り、急いで警察へ。

(バスケする男子ってかっこいい~。)

 

警察に駆けつけた鬼塚と、父親の徹也。桐谷を殴ってしまう父親。桐谷は「俺はあんたの子じゃあない」と言ってしまいます。あるときに、養子縁組の書類を見つけてしまい、両親だと思った人は他人だったと裏切られた気持ちを隠しきれない桐谷。

 

停学になった桐谷は、家にも帰らず、ふらふらとしていました。心配になった鬼塚は父親を訪ね、そこで父親が妻が亡くなってからは父親が一人で育ててきて、一緒に楽しんでいたバスケもやめてしまって、どうしていいのかわからない・・・と悩んでいました。

(父親としては悩みますよね。せっかく上手くいっていた親子関係なのに。)

 

桐谷は不良仲間に頼まれて公園の公衆トイレへ、隠された包みと取りに行きました。そこへ現れた鬼塚。鬼塚は桐谷を自分の部屋へ連れて行き、家に帰るように説得します。

 

桐谷が隠した包みに入っていたブツと持ち帰ったと勘違いした不良仲間が学校に押しかけ、学校の前で桐谷を探していました。それを知った鬼塚は、自分が行き、土下座して桐谷を解放するように頼みます。そして、桐谷も鬼塚が土下座をしているところにあわられます。

(このときの鬼塚おもしろかった。土下座するときに、唸りながら土下座して、面白かった!)

 

そこへパトカーがやってきて、不良たちは補導されますが、父親のところに既に不良仲間が行っていることを聞かされ、鬼塚と桐谷は急いで向かいます。不良たちに暴力を振るわれている父親。

鬼塚が助けに入りました。(親にとっては血の繋がりなんて重要ではないんですね。)

 

鬼塚は桐谷に血の繋がりも大事だけど、お前を育てたのは誰なんだ?命を張ってお前を守っているのは父親だ、と桐谷を諭しました。桐谷も涙がこぼれます。

(そうですよね。生むよりも、断然育てるほうが大変なのは昔から言われています。子供には、育てることがどんなに大変か分からないんですよね。子供が親になって初めて、生むよりも育てる子ことが何倍も大変だと気付くんでしょうね。)

 

 

 

松岡茉優さん、可愛いですね。色が白くて、とても上品なお顔立ちです。で、彼女が演じるあゆなの妊娠、引っ張りますね~。一話の最後くらいから、ずっとひっぱてる割には、まだメインのお話にはなっていません。気になるし、もう次回は5話。4話の終わりでエコー診察してもらってたけど、既に赤ちゃんが人の形になっていたので、結構な数週になっているのでは?来週のあらすじをみても、あゆなではなさそうなので、一体いつまで引っ張るのでしょうか??

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ