同窓生4話の感想とあらすじ 板谷由夏のショートヘアが大人可愛い!旦那さんはスタイリスト!

Sponsored Link

7月31日放送の同窓生 ~人は,三度,恋をする~ 4話の感想とあらすじです。

 

薫子に突き飛ばされて怪我をした遼介。あけひと健太が一緒にいると電話がかかってきました。直ぐに病院向かう健太。病室に薫子がいると遼介の妻がやってきて、カラオケで怪我したなんて恥ずかしいと言いました。(まさにファーストクラスの共演!!)

 

遼介の病状をあけひに電話する健太と薫子。夫が側にいて電話を奪い取られてしまいますが、電話口にいたのは薫子でした。寝たはずの子供がお腹がすいたと起きてきたので、カレーをたべさせています。子供がにんじんは嫌だとダダをこね始め、夫は怒りに任せて、くまのぬいぐるみをカレーに押し付けます。(え~子供が夜遅くに起きてきてカレーを食べさせる~?ちょっと変!それにしてもこの夫こわっ!))

 

あけひはクリーニング店に行き、ぬいぐるみを出しました。あけひと、健太は遼介の病院にお見舞いに行きます。そこに、薫子も来ていました。遼介の部屋で雑談をして、薫子がお花を花瓶に入れていると、遼介の担当の医師の青木がやってきてました。彼と薫子は昔つきあっていました。彼はバツイチだと言い、今度食事でもと薫子を誘います。(ぬいぐるみ、ここまでカレー漬けにされたら私ならあきらめるけどなあ・・・。やっぱり、健太がいるからクリーニングに持っていたのか?)

 

なかなかとれないカレーの匂いがついたクマのぬいぐるみ。なんとか、綺麗にしようとする健太。結局、ぬいぐるみを全部ばらして一枚一枚洗うことにします。綺麗に匂いがとれて、あけひに連絡してあけひが子供とともに取りにやってきました。子供にもうカレーを食べさせたらダメだよと言う健太に子供は、自分がしたんではない、パパがしたと言いました。驚く健太。

(子供はいつだって正直です。)

 

あけひにどういうことか聞く健太。うちでは携帯が割れたり、物がとんできたり、といろんなことがおきる、と明るく話し、夫と知り合ったときのことを話し出します。夫は出会ったときから自分にとても優しかった、そして、今もとても優しくてとても幸せだと言います。

(このあけひは一体何がしたいのか、さっぱり分かりません。こういう、キャラはちょっと苦手。)

 

板谷由夏さんのショートヘアが可愛いです。可愛いと言っても、大人っぽくて、これぞまさに大人可愛い。カジュアルにもドレスアップした洋服にもバッチリあっていますね。なんか、前髪が長くて、横から後ろはちょっとくるっとなってるのかな?少しボリュームがあるような気がします。髪型もそうですが、彼女は本当におしゃれですよね。旦那さんがスタイリストさんだそうです。なんか、納得です。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ